logo

Kyash、決済カード利用情報のリアルタイムプッシュ通知・履歴閲覧システムを提供

株式会社Kyash 2016年07月22日 13時00分
From PR TIMES

 株式会社Kyash(本社:東京都港区、代表取締役:鷹取 真一、以下 Kyash [キャッシュ] )は、クレジット、デビット、プリペイドなど各種決済カードの利用情報のリアルタイムプッシュ通知と履歴の閲覧ができるシステムを開発しました。これに伴い、システムインテグレーターのTIS株式会社への提供を開始いたします。



 Kyashは、金融(Finance)にテクノロジー(Technology)を融合したFinTechスタートアップとして、2015年1月に設立されました。テクノロジーを取り入れた新たな決済システムの企画・開発や、様々な事業者との連携を通じて、消費者のライフシーンに寄り添った価値あるサービスの提供を目指しています。

 本システムでは、決済カード利用情報のリアルタイムプッシュ通知、履歴の閲覧ができる機能を提供いたします。この機能によりカード利用状況をリアルタイムに確認できるため、使いすぎや不正利用を懸念し利用を控えていたカード保有者が、より安心してご利用いただけるようになります。また、決済カード利用時のプッシュ通知によって顧客との新たな接点の構築が期待されます。

【本システム開発の背景】
 決済カードの利用機会が増える中、不正利用の被害額は依然として増加傾向(※1)にあり、より安心・安全な決済カード利用に向けた環境整備が求められています。
 スマートフォンの普及にともない、様々な情報がオンラインで同期される中、日本国内でのクレジットカード利用情報の取得に関しては、オンラインであっても数日の時間差がありました。決済カードの主要国際ブランドは既に米国で、カード発行会社に対し、カード保有者への利用通知機能におけるルールを発表しております。
 決済カード利用情報のリアルタイムプッシュ通知は、カード保有者自らアクセスしなくても利用情報を都度受け取ることができ、使いすぎの防止や不正利用の早期発見を実現する手段として、注目を集めています。
 このような状況を受け、Kyashは、国内でいち早く、カード保有者に対してカード利用状況をリアルタイムに見える化できるシステムを開発しました。

【本システムの特徴(※2)】
◯決済カード利用情報のリアルタイムプッシュ通知・履歴の閲覧
 カード保有者はスマートフォンアプリでリアルタイムプッシュ通知を受け取り、カード名称・日時・場所・金額を確認できます。利用履歴はタイムラインとして時系列に閲覧可能です。これにより、カード利用状況における透明性の向上が見込まれます。

◯新たな顧客接点における情報・レコメンデーションの配信
 決済カード事業者は顧客に対し、カード利用時にリアルタイムな情報を配信できます。その際、特典情報やオファーなどの配信が可能となります。開封率の高いプッシュ通知でのお知らせや、購買情報に基づいた、よりパーソナルなレコメンデーションをご活用いただけます。

◯不正利用の早期発見を促進
 利用情報のリアルタイムな通知と履歴の閲覧によって、決済カードの不正利用の早期発見を容易にし、より安心・安全なカード利用体験を提供することができます。これにより、決済カード事業者の不正対策に要する費用の削減やコールセンターの業務負担の軽減も見込めます。

【提供機能イメージ】
 本システムは、Kyashの決済カード事業者向け標準アプリ、あるいは、決済カード事業者の既存スマートフォンアプリに組み込む形でご利用いただけます。

◯決済カード利用情報のリアルタイムプッシュ通知     
 決済カード利用後、リアルタイムに利用情報を通知します。   

[画像1: リンク ]


 ◯決済カード利用履歴の閲覧
  決済カードの利用履歴を時系列で閲覧できます。

[画像2: リンク ]


◯リアルタイムプッシュ通知のルール設定
 金額、場所、業種、取引種類に応じてプッシュ通知のルールが設定できます。

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


 Kyashは、本システムの開発を通じて培った、決済のコアシステムに関する知見やノウハウを活かし、今後も様々な決済カード事業者へのサービス提供、および新たな決済システムの構築により、金融業界、及びキャッシュレス社会の発展に寄与してまいります。

【TIS株式会社について】
 TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。(リンク)

【株式会社Kyashについて】
 2015年1月創業。同年7月に大手金融機関等から約1億7,000万円の資金調達を実施し、決済カード利用情報のリアルタイムプッシュ通知・履歴閲覧システムをはじめとする新たな決済システムを企画・開発しております。KyashはFinTechスタートアップとして、金融とテクノロジーを融合したシステムを起点に、様々な事業者との連携を通じて、消費者のライフシーンに寄り添った価値あるサービスを提供してまいります。(リンク)

【会社概要】
 会社名 : 株式会社 Kyash(英文表記:Kyash Inc.)
 所在地 : 〒105-0001
      東京都港区虎ノ門5丁目11-1 オランダヒルズ森タワー
 代表者 : 代表取締役 鷹取 真一(一般社団法人FinTech協会理事)
 設立  : 2015年1月23日
 資本金 : 170,573,600円 (資本準備金含む)
 業務内容: 決済プラットフォーム「Kyash」企画・運営、
       金融機関向けASPサービス
      (決済カード利用情報のリアルタイムプッシュ通知・履歴閲覧システム)開発・提供
 URL  : リンク

※1 日本クレジット協会の平成28年第1四半期統計によれば、不正利用被害額は前年比6.6%増加、番号盗用被害額は10.2%増加
※2 本システムの提供は、金融機関よりクレジットカードの決済情報が連携される事が前提となります。
本資料に記載されている会社名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

<本件に関するお問い合わせ先>
 株式会社Kyash
 〒105-0001 東京都港区虎ノ門5丁目11-1
 E-mail: pr@kyash.co
 広報担当:伊藤

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事