logo

株式会社JELLYFISH、東京都奥多摩町における「奥多摩日本語学校(仮称)」開校に伴う校長職を町内在住者より募集中。地域創成と異文化理解の立役者たる人材の応募に期待

株式会社JELLYFISH 2016年07月21日 13時10分
From PR TIMES

2017年秋、奥多摩日本語学校を開校!奥多摩が世界とつながる、ITエンジニアタウン構想スタート。閉校利用の新たなるロールモデルとなる先進的事業に、町と事業者が一体となって推進

日本、ベトナム、フィリピン、インドネシアの 4ヶ国で教育事業、留学事業、人材紹介事業を展開する株式会社JELLYFISH (本社:東京都品川区、代表取締役:田中 翔)は、東京都奥多摩町(河村 文夫町長)が募集した『旧古里中学校校舎等活用事業』において事業者として採択され、先日調印式を執り行い、正式に事業計画が推進されゆくこととなりました。本事業では奥多摩町に日本語学校を創設すること、ITエンジニアタウンを敷くことを大きく柱としておりますが、皮切りとして日本語学校における校長職の募集を行います。




【奥多摩町による旧古里中学校校舎等活用事業について】

2015年3月に閉校となった旧古里中学校の土地と建物の活用事業を実施する事業者を募集。事業期間は10年以上とし、全域が秩父多摩甲斐国立公園に指定されている自然公園地域でもある土地、建物が地域の教育、文化、生活の中核的な役割を担う公共施設であったことを踏まえ、地域の活性化と振興、発展に貢献できる事業を求めたもの。
[画像1: リンク ]



「奥多摩日本語学校(仮称)」における校長職を募集!

エントリーは7月29日(金)までに奥多摩町役場企画財政課まで

歴史と伝統に育まれた豊かな環境が魅力である奥多摩町において本事業が採択された背景には、若者の定住化促進や雇用創出、人口減少への歯止めなど従来町が推進してきた長期計画の完遂を成功に導くものと判断されたことがあります。町の安心・安全を守り、活性化を遂げていくにあたり、住民の方々にご理解をいただきながら推進していくことは欠くことができません。
[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]



校長職は、地域創成と異文化理解の象徴たる日本語学校において非常に重要な存在となります。そこで、町内在住者から使命感を持って取り組む人材を募集することとなりました。募集に関しては奥多摩町広報、(株)JELLYFISH と共に進めてまいりますが、応募用紙配布や採用過程は奥多摩町に一任することと致します。

【応募条件】

・募集人員:1名

・原則、奥多摩町内に住所を有する方で、つぎの要件をすべて兼ね備えている方

(1) 日本国籍を有し日本語を母語とする方
(2) 教育に関する識見を有する方
(3) 教育、学術または文化に関する業務に5年以上従事した方
(4) つぎに掲げる意識・考え方などを合致する方

●地域創成と異文化共生の使命を自覚し、教育に対する真摯な情熱と確固たる使命感をもち、地域の将来を担う覚悟のある方
  ●これまで培った経験や専門性を生かし、外国人に寄り添った町づくりや教育を担える方
●奥多摩町のために、新たな視点で町の魅力を高める意識を持って働ける方

【申込方法】
所定の申込書類を7月29日(金)午後5時までに役場企画財政課まで提出
*「申込書」「申込書方法の記入例」は、役場企画財政課にあります。

【そ の 他】
事業の詳細資料は、役場企画財政課、古里出張所、文化会館、保健福祉センター各窓口で閲覧できます。
*応募にまつわる問い合わせは奥多摩町企画財政課へ

【今後のスケジュール】
2016年7月~9月~:契約締結・設備、施設工事準備等
同年10月~11月~:IT開発拠点内装工事着手、関係各省との連絡、寮の内装工事
2017年1月~:教員、社宅借り上げ、IT開発スタート
同年3月~8月~:ビザ申請研修、第一期学生面接・入学試験、留学生ビザ甲府・入国準備
同年10月:開校および入学式

■JELLYFISH 日本法人 会社概要
商号 : 株式会社 JELLYFISH
代表者 : 代表取締役 田中 翔
所在地 : 〒141-0031 東京都品川区西五反田 2-24-4 WESTHILL4 階
事業内容 : 留学事業、教育事業、人材紹介事業
資本金 : 1,000 万円
URL : リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事