logo

注目のアーティスト・トミタ栞さんが声優初挑戦のショートムービーを上映!Sony Building 50th Anniversary 「Sony Aquarium」

ソニー企業株式会社 2016年07月21日 13時00分
From PR TIMES

ジェイク・シマブクロさんの最新アルバム楽曲を館内BGMに採用!

2016年7月15日(金)~8月28日(日) 於:銀座 ソニービル ※入場・体験無料
イベントWebサイト:リンク



[画像1: リンク ]

銀座 ソニービルは8月28日(日)まで、沖縄美ら海水族館の監修のもと、ソニービル全館で『Sony Building 50th Anniversary 「Sony Aquarium」』を開催しております。
8F 「コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)」では、沖縄美ら海を舞台に繰り広げられる少年の冒険と成長の物語『泣きべそジンと勇気の海』を、ショートムービーとして上映。4K(*1)映像とハイレゾリューション・オーディオ(以下、ハイレゾ)音源(*2)を、200インチの大画面で臨場感たっぷりにお届けします。ショートムービーの主人公ジンを演じるのは、声優初挑戦のアーティスト・トミタ栞さんです。
その他、館内ではジェイク・シマブクロさんの最新アルバム楽曲をBGMとして流しております。銀座 ソニービルでアーティストの夏らしい爽やかな声・楽曲をお楽しみください。

*1 フルHD(High Definition)映像の解像度 1,920×1,080 画素(210万画素)と比較して4倍以上の映像情報量を有している映像
*2 ハイレゾリューション・オーディオ音源とは、一般にCD(44.1kHz/16bit)、およびDAT(48kHz/16bit)を超える情報量(サンプリング 周波数、もしくは、ビット数のいずれかにおいて)を持つ、リニアPCMやDSDフォーマットの音源を指します。

★トミタ栞さんインタビュー★
●アテレコ時の感想や意識したポイントは何ですか?

[画像2: リンク ]

これまで音楽活動を中心に色々なお仕事に挑戦してきたのですが、声のお仕事は初挑戦。キャラクターの動きに合わせてセリフを吹き込むのですが、タイミングを上手く取れるかな、と初めはドキドキでした。しかし、すぐにこの黄色い”架空の海の生きもの”になってしまった男の子、ジンの気持ちに入り込むことができて、とても楽しい体験になりました。

●「Sony Aquarium」の注目ポイントを教えてください
今年で49回という、私の生まれるずっと前から続いているイベントというのがすごいですね。
特に私が参加した『泣きべそジンと勇気の海』のショートムービーは、200インチの大画面と大迫力のハイレゾの音で、沖縄の海で繰り広げられる男の子の発見と冒険の物語なのですが無料で何度でも見られるんですよ!
生き物の不思議もいろんなところに盛り込まれていて、楽しみながら物知りになれる。それに私は音楽活動をしているので、ハイレゾ音源は気になります。海の生き物も大好きなので、私も遊びに行きます!

[画像3: リンク ]

●お客様へ一言
初めての声のお仕事で、元気な小学3年生の男の子ジン役に挑戦しました。
みなさんもこの「Sony Aquarium」のイベントを通じて、新しい冒険、発見のある夏にしてもらえるといいな、と思います。私もこれからどんどん色々なチャレンジをして行こうと思いますので応援よろしくお願いします。

■『泣きべそジンと勇気の海』 概要

[画像4: リンク ]

・上映タイトル : 『泣きべそジンと勇気の海』
・上映時間 : 1回約10分(毎時00分、20分、40分スタート)、入退場自由
上映以外の時間は、「銀座ソニーパークプロジェクト」を紹介する映像や写真展示等をご覧いただけます。
「銀座ソニーパークプロジェクト」について リンク
・時間 : 11:00~19:00
・会場 : 8F 「コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)」
※ 8月6日(土)・20日(土)の上映はございません。
※上映時間や日程は予告なく変更となる場合があります。また、期間中、上映を行わない日時がございます。予めご了承ください。

Sony Aquariumの今年のテーマである、エデュケーション:教育とエンターテインメント:娯楽の融合を表す「エデュテインメント」に沿って制作しており、映像のストーリーに合わせて、沖縄美ら海を舞台に繰り広げられる、男の子の夏の不思議な体験をしながら、海の生き物の生態を学ぶことができます。
お子様はもちろん、大人の方にも楽しんでいただける内容を、4Kの高解像度の映像と、人の声だからこそ違いがわかりやく、大きなボリュームでも心地良いハイレゾ音源により、臨場感たっぷりにご体感いただけます。
今回の映像は、Sony Aquariumでは初となる会話で展開されていくストーリーのショートムービーです。

<ストーリー>
海の生き物が苦手な小学3年生の男の子、ジン。
ある日ジンが目覚めると、ジンベエザメによく似た姿に変身していて、何も知らない海の中を冒険することになります。戸惑いながらも、海に住む生き物の特性を学びながら奮闘するジン。果たしてジンは人間に戻ることができるのか。

<トミタ栞さんプロフィール>
明るく元気な天然素材とキュートなルックス、バラエティ向きの言動やキャラクターが注目され、木村カエラを輩出した、「saku saku」(テレビ神奈川)の5代目MCに大抜擢。
2013年、ミニアルバム「トミタ栞」で歌手としてメジャーデビュー。
昨年は主題歌も務めながらドラマ主演も果たすなど、その類まれな存在感で今後が期待されるアーティスト。
現在、7月4日(月)からスタートした、テレビ東京系アニメ「パズドラクロス」のエンディングテーマを担当している。
トミタ栞 オフィシャルサイト リンク

■館内BGMには今年デビュー15周年のジェイク・シマブクロさんの曲を採用!
「Sony Aquarium」期間中のソニービル館内BGMとして、9月28日(水)に発売されるジェイク・シマブクロさんのアルバム『ナッシュビル・セッションズ』が流れております。
今年デビュー15周年のジェイク・シマブクロさんが奏でる ウクレレの爽やかなメロディは勿論、さらに疾走感、躍動感、荘厳感も加わった楽曲は、まるで海の生き物たちを表現しているかのようなサウンドです。

ジェイク・シマブクロ 『ナッシュビル・セッションズ』
リンク
ジェイク・シマブクロ オフィシャルサイト
リンク

■Sony Building 50th Anniversary 「Sony Aquarium」  開催概要
期間 : 2016年7月15日(金)~8月28日(日) 45日間  ※入場・体験無料
時間 : 11:00~19:00  ※屋外に設置する大水槽は23:00まで
会場 : 東京・銀座 ソニービル (〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-1  リンク
URL : リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。