logo

大手前大学の学生がハンセン病資料の英訳活動を実施 -- 世界遺産登録めざし協定締結後初

大手前大学 2016年07月21日 08時05分
From Digital PR Platform


大手前大学(兵庫県西宮市/学長:鳥越晧之)の学生らは、8月8日(月)から12日(金)までの5日間、国立ハンセン病療養所「長島愛生園」(岡山県瀬戸市)の園内資料の英訳活動を行う。これは、ユネスコ世界遺産登録をめざす同園の活動を支援するもので、昨年に引き続き2回目。学生らは資料館や歴史館を見学するほか、園内を実際に歩き、元患者の方々との交流を通し、資料を収集して英訳活動に取り組む。


 2015年9月に、ハンセン病患者の文学を研究している総合文化学部の田中キャサリン講師と学生9名が「長島愛生園」を訪問し、パンフレットの英訳に取り組んだ。パンフレットは今年1月に完成。世界遺産登録に向けて、他にも多くの資料を海外に発信していく必要があるとして、同園と同大は今年3月に相互協定を締結した。

 今回の取り組みは集中講義の一環として行うもので、8日に同大キャンパスで関連講義を受講後、9日より現地入り。12日までの4日間、公式サイトを中心に、園内・歴史館の元患者の証言集ビデオなどの英訳作業に取り組む。
協定締結後初めての活動となる今回は、昨年の2倍以上の23名の学生が参加予定。

<報道関係者の皆様へ>
 本活動について、ご興味がございましたら、ぜひ取材をご検討ください。

【期 間】 8月8日(月)~12日(金) ※8月8日は大手前大学での研修
【場 所】 長島愛生園(岡山県瀬戸内市邑久町虫明6539)
【活動内容】 公式サイト、元患者の証言集(歴史館)のビデオ等の翻訳
【参加者】
 アンドウ シャーリー(現代社会学部・教授)、田中キャサリン(総合文化学部・講師)、学生23名

●大手前大学「教員紹介」サイト(専門・研究テーマの詳細がご覧いただけます。)
・田中キャサリン講師 紹介ページ
 リンク

●長島愛生園HP
 リンク

(関連記事)
・大手前大学が国立療養所「長島愛生園」と相互協定を締結 -- 資料の英訳で世界遺産登録に協力(2016/03/17)
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 大手前大学/大手前短期大学 アドミッションズ オフィス 学園広報 藤本・平田・山本
 TEL: 0798-36-2532(直通)
 FAX: 0798-23-4865

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。