logo

鹿児島県徳之島町で武蔵野大学「徳之島プロジェクト」開村式を実施 -- 農業体験や島内フィールド調査から“島の宝”の発掘と発信に取り組む

武蔵野大学 2016年07月21日 08時05分
From Digital PR Platform


武蔵野大学(東京都江東区/学長・西本照真)は、鹿児島県徳之島町において「徳之島プロジェクト」を7月~9月にかけて行う。今年で2年目となるこのプロジェクトは、学生たちが農業実習や島内フィールドワーク調査を通して、島のリピーターを増やすための施策提案を行うことを目的としている。


 武蔵野大学が1年次の教養教育として展開している全学共通基礎課程「武蔵野BASIS」のなかで、キャリア教育の一環として開講している「フィールド・スタディーズ」。国内外で30を超えるプログラムが設定されている。昨年度より地方創生とリンクさせた取り組みも増え、「徳之島プロジェクト」もそのひとつ。

 7月13日に「徳之島プロジェクト」開村式が開催され、プロジェクト第1班の学生10名、武蔵野大学教職員のほか、徳之島町関係者が出席。幸野善治副町長から、「徳之島を含む奄美琉球は2年後の平成30年に世界自然遺産登録を目指している。私達島民が気付きにくい島の宝を学生のみなさんに発掘し、発信して頂きたい。みなさんのこの徳之島での体験が一生の思い出となるよう願っている」と歓迎の挨拶があった。

 これを受けて土屋忍武蔵野大学キャリア開発部長は、「(徳之島を含む)奄美群島は、文学的表現を試みようとする者にとって・・・宝箱だ」という島尾敏雄の言葉を引用して感謝の言葉を述べ、学生たちに向け、「ぜひとも君たちが、ここでの体験とその言語化を通じて“宝箱”を開けて欲しい。徳之島に眠る未知なる“宝”を発見し、伝えて欲しい」と激励した。

 さらに地元有力三紙からの取材に応え、「武蔵野大学はフィールド・スタディーズに力を注いできた。日常とは異なる環境下においても主体性や問題発見・解決能力を発揮できる力を1年次から育成し、2年次以降の学習につなげていくために取り組んでいる。そうした中で、徳之島の方々は、昨年度から町をあげて協力してくださっている。より豊かな実を結ぶことを期待するとともに、この地に少しでも恩返しをできれば」と語った。

 「徳之島プロジェクト」は7月11日から9月12日までの2カ月間、計59名の学生が6班に分かれて実施される。

▼本件に関する問い合わせ先
 武蔵野大学 企画・広報課(西山・柏原)
 TEL: 03-5530-7403
 MAIL: kouhou@musashino-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事