logo

Rails4シルバー試験の受験者のコメントの一部を紹介

一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会(本拠地:東京都世田谷区、委員長:吉政忠志)は2016年6月分Rails4シルバー試験の受験者のコメントの一部を公開しました。

「普段業務で使用しているにもかかわらず、理解しきれていない部分が多いことに気づけたので(よかったです)」
「実装にあたり意識しないところまで把握することができた」
「学習の目安になる」
「やる気が上がります。もっと詳しくRailsのフレームワークが知りたいです。」
「やはり難しかったです」
「実務のための良い学習になりました。
試験という形がないと、なかなか勉強をする機会がなく、
曖昧のまま実務を行うことになっていたかと思います。」
「試験対策として推奨されている教科書(黒本、railsガイド)と試験内容が食い違っており、効率的に勉強をする手段がない。」
「問題集を充実していただきたい。知識の体系的な学習に役立ち、理解のポイントも深まるため。」
「railsを少し知れた」
「Railsについて体系的に学ぶいい機会になった。
再受験無料キャンペーン中なので自分の現在の理解度が把握できてよかった。"
まだ理解しきれていない部分があることを確認できたため」
「Railsについて勉強したいと思ったが、具体的にどのようなアプリを作りたいか、作れるのかわかっていなかった。
試験勉強を通してRailsでどのような事が出来るのかを理解する事が出来た。」

Rails4シルバー試験、ただいまキャンペーン中です。キャンペーンの詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事