logo

JUNKO KOSHINO(コシノジュンコ) ECサイト初展開 BUYMA(英語版)で独占オープン!

リンク

 株式会社エニグモが運営するソーシャル・ショッピング・サイト『BUYMA(英語版)』では、2016年7月19日(火)より世界的に有名な日本ブランド『JUNKO KOSHINO(コシノジュンコ)』(以下、JUNKO KOSHINO)の商品を独占販売いたします。



[画像1: リンク ]

 パリコレクションに参加していたJUNKO KOSHINOは、2002年シドニーオリンピックスポンサーエンブレムデザイン、2008年ワシントンケネディーセンターにおけるJAPAN FESTIVALのオープニングディナープロデュース、2009年日本キューバ国交樹立80周年記念ファッションショーなど、海外で幅広く活躍していますが、これまでファーストラインの商品は東京南青山に位置する本店のみに限られていたため、BUYMAが初のオンラインショップとなります。
BUYMAではJUNKO KOSHINOの定番アイテムであるモンゴルのベビーカシミヤを使用したストールや菩提樹に純金箔、純銀泊を特殊な製法で張り付けたハンドメイドアクセサリーやバック、収納具からヒントをえた入れ子スタイルの漆器など全37点の商品が第一弾として販売されます。


◆ JUNKO KOSHINOブランド紹介
JUNKO KOSHINO(ジュンコ コシノ)/ デザイナー

大阪府岸和田生まれ。文化服装学院デザイン科在学中、新人デザイナーの登龍門といわれる装苑賞を最年少の19歳で受賞。東京を拠点として、海外では1978年~2000年までパリ・コレクションに参加。1985年北京、90年NY(メトロポリタン美術館)、1994年ベトナム、1996年キューバ、1999年ポーランド、2009年ミャンマー、2015年北京など、世界各地にてファッション・ショウを開催。2008年ケネディー・センター(ワシントンD.C)におけるJapan Festivalにてショウとオープニングをプロデュース。同年、国土交通省よりVISIT JAPAN大使に任命され、また上海万博日本親善大使に就任。オペラ《蝶々夫人》・《魔笛》から、ブロードウェイ・ミュージカル《太平洋序曲》(トニー賞ノミネート) 、マッスルミュージカルの舞台衣装、スポーツのユニフォーム、インテリア・デザインまで、活動分野は幅広い。毎年、和太鼓パフォーマンス・グループTAOの舞台衣装、 沖縄の琉球海炎祭にてオペラで花火のデザインも手掛けている。


◆JDF(Japan Designer Featured) プロジェクト 始動!!
BUYMAはJUNKO KOSHINOをはじめとした、日本人デザイナーとJDF(Japan Designer Featured)をスタートします。
これにより、 日本のデザイナーズブランドをグローバルに向けて、 BUYMAから積極的に発信していく運びとなりました。
世界に通用する高い可能性を秘めた新鋭Japan Brandと、海外通販サイトNo.1のBUYMAとの今後のコラボレーション展開に注目です。

◆ 展開商品

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



【BUYMA(バイマ) 】リンク
[画像5: リンク ]

BUYMAは、世界128カ国に在住する7.9万人以上のパーソナルショッパー(出品者)から世界中の魅力的な商品をお得に購入できるこれまでにない新しいソーシャル・ショッピング・サイトです。会員数は320万人を突破、取扱ブランド数は7,600を超え、日本未上陸ブランド、国内完売アイテムをはじめとした世界中のファッショントレンドアイテムからコスメ、インテリア雑貨まで幅広く揃っています。

★大好評TVCM 「世界を買えるBUYMA」シリーズweb公開中★ リンク
※iPhone版のアプリ(無料)はこちらからダウンロード リンク
※Android版のアプリ(無料)はこちらからダウンロード リンク


【BUYMAで活躍するパーソナルショッパーとは】
会員数320万人を超える海外通販サイト「BUYMA」内で活躍する、買い物をサポートする日本人スペシャリストを指します。
自分のセンスや感性を活かし最新のトレンド情報をキャッチし、お客様の嗜好に合わせてスタイリングやアイテムを紹介するなど、より一層ショッピングを楽しめるようホスピタリティ溢れるサービスを提供しております。


【 BUYMAの安心への取り組み 】 リンク
BUYMAでは、お客様に安心してお買い物していただけるよう充実した補償サービスを提供させていただいております。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。