logo

フリーランスエンジニア/クリエイター向け案件提案サービス「レバテック」報酬支払い期間が業界最短クラスの15日間に

フリーランスの経済的安定をサポートし、より働きやすい社会づくりへ

レバレジーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:岩槻知秀)は、業界最大規模のエンジニア/クリエイター向け案件・求人提案サービス「レバテック」において、フリーランスとして企業に参画するユーザーを対象とした報酬支払い期間を短縮し、2016年7月稼働分(8月支払い分)より業界最短クラスの15日間での支払いを開始します。



[画像1: リンク ]



■フリーランスとして活動するエンジニア/クリエイターの経済的安定をサポート

当社が運営する業界最大規模のエンジニア/クリエイター向け案件提案サービス「レバテック」(リンク)にて、2015年における新規登録者のうち739名を対象に行ったアンケートでは、フリーランス活動を始めた理由として、39%が「収入を増やしたかったから」と回答しています。(「添付資料」参照)自由度の高いフリーランス活動において、経済面は働き方を左右する重要なポイントとなっています。

そこで、フリーランスとして活動するエンジニア/クリエイターの経済的安定をサポートすべく、「レバテック」では報酬支払いまでの期間(支払いサイト)を短縮。業界最短クラスとなる15日間での支払いを2016年7月稼働分(8月支払い分)より開始します。25日支払いが多い一般企業で正社員として勤める場合よりも早いサイクルで報酬を得られるようになり、より一層フリーランスが活躍できる環境を整えます。

※個人事業主のみに対応。派遣案件など、レバレジーズ契約社員として就業する場合は引き続き25日サイト


■IT人材不足の中で増加するフリーランスエンジニア

当社では、これまで首都圏を中心に2万6,000人以上のフリーランスエンジニア/クリエイターのプロジェクト参画をサポートしてきました。近年の国内企業におけるエンジニアの採用困難化に反して、当社のフリーランスエンジニア向け案件提案サービス「レバテックフリーランス」内では、新規登録者が3年で7倍に増えるなど、現在エンジニアの新しい働き方が普及し始めています。


■「レバテック」サービス概要

[表: リンク ]




■「レバテック」の今後

「レバテック」は2016年3月に大阪府大阪市に支店を設立し、関西地方へとエリアを拡大しています。Uターン、Iターンを希望するエンジニア/クリエイターと企業のマッチングを支え、地方におけるIT技術の発展を推進しています。今後も更なるエリア拡大とサービス内容の向上により、登録者を2017年3月末までに50,000人まで増やし、IT人材不足が叫ばれる現代社会で「フリーランス」という新しい働き方を広めていきます。


■補足資料

[画像2: リンク ]



◆調査概要
調査方法  :調査用紙による紙のアンケート
調査対象  :「レバテック」へ新たに登録したエンジニア/クリエイター
有効回答数 :739名
調査期間  :2015年1月14日~12月3日

※詳細は2016年5月23日発表のプレスリリースをご参照ください。リンク


■レバレジーズ株式会社について( リンク )

インターネットメディアを軸に、IT、医療、その他新規分野で事業を展開。業界最大手となるWebエンジニア/クリエイターの人材紹介サービス「レバテック」や看護師の人材紹介サービス「看護のお仕事」、フリーター就職支援サイト「ハタラクティブ」、エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail(テラテイル)」などを手掛ける。

本社所在地: 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ17F
代表取締役: 岩槻知秀
設立: 2005年4月
事業内容: 自社メディア事業、システムエンジニアリング事業、メディカル事業、人材紹介事業



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事