logo

子どもを審査員にしたチームラボのハッカソン“teamLabHackDay”を開催

キヤノンMJ 2016年07月11日 11時00分
From PR TIMES

プロジェクターなどを使用したインタラクティブな作品が作られました

このほどチームラボが主催するインタラクティブ・プログラミングのハッカソンイベント“teamLabHackDay”が開催されました。デザイナー・プランナーによりプロジェクターなどを使用したインタラクティブな作品が作られ、審査員の子どもたちの“テンションを上げる”作品が優勝に選ばれました。ハッカソンイベントの映像演出にはキヤノンの高画質パワープロジェクター「WUX500」が活躍しました。



“teamLabHackDay”は、チームラボが開催するインタラクティブ・プログラミングのハッカソンイベントです。
事前の応募からエンジニアやデザイナーやカタリスト※など約30名が参加し、UnityやOpenFramework、Processing、Arduinoなどを駆使したモノづくりが2日間にわたり行われました。
※ディレクターのような仕事をする職種をチームラボではカタリストといいいます。

審査員である子供たちのテンションを上げることで評価される、インタラクティブハッカソンなのでインタラクティブなものを作るなどのルールのもと、1日目には各チームがプランニングを行い、アイデアから実現性の検討を踏まえてプランニングを発表しました。2日目には各チームがプログラミングを開始し、天井釣りプロジェクターやサイネージの組み立てを始めるチームもありました。
プロジェクション用の白い壁が設置された会場では、プロジェクターを使用した作品が多く作られ、インタラクティブな作品の映像演出にキヤノンの高画質パワープロジェクター「WUX500」が活躍しました。
 ◇ 製品紹介ページ|パワープロジェクター WUX500
   リンク
優勝チームには、キヤノンマーケティングジャパンよりミニプロジェクターC-10Wが贈呈されました。
[画像: リンク ]
◇ 優勝チーム大学生 C-10Wのコメント
「何よりかわいいですね 持ってることを自慢したくなります 持ち運びも楽です!」
◇ 製品紹介ページ|ミニプロジェクター C-10W
リンク



◇ イベント当日のレポート
リンク


<入賞作品>
■ 優勝 「ころころコイン」
わかりやすいキャラクターを使用したマーケティングが子供のテンションを上げました。
[動画1: リンク ]



■ チームラボ賞 「ボールを投げてインクをぶちまけ!」
物理的にボールを投げるのが楽しく、当たったところからインクがはじけるインタラクションも体感的に面白く、「自分たちもこういうの作ってみたい」とメンバーから声が出た作品です。
[動画2: リンク ]



■ Unity賞 「障子に目あり」
実際に障子を破いてインタラクションが発生するもので、「似たようなものを見かけづらい」オリジナリティがありました。
[動画3: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。