logo

スマートデバイス向け業務カメラアプリケーションKAITO セキュアカメラを住友生命保険相互会社に提供開始

株式会社ジェーエムエーシステムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:坂倉 猛)は住友生命保険相互会社(本社:大阪府大阪市中央区城見1丁目4番35号、取締役 代表執行役社長:橋本 雅博)にスマートデバイス向けの高セキュリティカメラアプリケーション「KAITOセキュアカメラ」を提供しました。

スマートデバイスを活用した営業活動の効率化は多くの業種、業態で進んでいますが、その流れは金融機関でも例外ではありません。スマートデバイスの活用は、従来のメールやスケジュールの確認にとどまらず、行内システムへの接続や、CRMの閲覧など、より機密性が高く、業務に直結するシーンで利用が進んでいます。

特に、昨今、スマートデバイスに内蔵されているカメラ機能の活用に大きな注目が集まっています。用途としては融資審査における担保物件の撮影や、紙やコピーでやり取りをしていた本人確認書類の代替として画像(カメラ機能)の活用を検討する金融機関が増えています。

この度、住友生命保険相互会社様に当社が提供する「KAITO セキュアカメラ」を採用いただきました。「KAITO セキュアカメラ」は、外訪時に撮影した情報を端末に残さず本社のサーバに転送するため、情報漏えいの心配もなく、安心・安全にスマートフォンを営業活動で活用できます。

■KAITOセキュアカメラについて
KAITOセキュアカメラはiOS、Android、Windowsに対応したスマートデバイス専用のカメラアプリケーションです。撮影した情報を安全にサーバに転送する事ができ、業務活用においては業務プロセスの改善によるビジネススピードの向上、作業工数の低減が期待できるソリューションであり、以下のような特長があります。

・データを分割・圧縮・暗号化
撮影時点でデータは分割・圧縮・暗号化、送信時も分割・圧縮・暗号化された状態でサーバに送信します。
・端末にデータを残さない
配信完了後、端末からデータを削除します。
・高速・確実にデータ転送
電波状態等により送信中に通信が途切れても一度送信ボタンを押下すれば、以降は自動でオンラインを検出し、自動送信します。
・撮影データとメモを併せてリアルタイムに共有
撮影現場の状況、GPSやメモを画像と併せてリアルタイムに共有できます。

■KAITO セキュアカメラ Web サイト
KAITO セキュアカメラの詳しい情報は以下のWebサイトをご参照ください。
リンク

■株式会社ジェーエムエーシステムズについて
所在地:東京都港区海岸1-16-1 ニューピア竹芝サウスタワー18F
設立 :1971 年 11 月(社団法人日本能率協会より分離独立)
代表者 :坂倉 猛
資本金 :3億8,150万円
URL:リンク
事業内容:システムインテグレーション、ソフトウェア販売・導入、インフラ/ネットワーク構築、法人向けスマートデバイス導入・開発・プロダクト販売

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。