logo

海外用レンタルWiFiのワイホーネットストアが「アジア周遊Wi-Ho!(R)」のレンタル開始

1日980円の業界最安クラスで、アジア17カ国を1台で利用可能

世界各国のモバイル通信機器のレンタルサービスを提供する株式会社テレコムスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉竹 雄次、以下当社)は、当社のレンタルWiFiブランド「Wi-Ho!(R)(ワイホー)」にて、2016年7月7日からアジア17カ国で利用できるWi-Fiルーター「アジア周遊Wi-Ho!(R)」の提供を開始いたします。



[画像: リンク ]

【本商品のポイント】
1. アジア17カ国で使用できる
2. 業界最安クラスの1日980円
3. WiFiルーター1台で利用エリアをカバー

7月から成田空港発着の便を新規就航させた韓国のLCCジンエアーや香港航空など、アジアへのアクセスはますます便利になっています。株式会社エイチ・アイ・エスが発表した夏休みの海外旅行予約動向(※2)でも、渡航者数のトップ5に、ソウル、台北、シンガポールとアジア3都市が入っています。これから増加が予想されるアジア旅行者に向けて、当社は「アジア周遊Wi-Ho!(R)」のレンタルを開始いたします。
本商品は、台湾、中国、韓国、香港、マカオ、タイ、シンガポールなどアジア17カ国で使えるWiFiルーターです。1台で利用エリアのすべてをカバーしているため、2カ国以上に旅行される際にも、複数のWiFiルーターを持つ手間がありません。料金はモバイルWiFiレンタル業界でも最安クラス(※1)の1日980円でご利用いただけます。当社の従来のプランでは、例えば香港・マカオに旅行の場合、1日1,980円となりましたが、本商品のご利用で1日1,000円もお得になります。

当社はWi-Ho!(R)をレンタルすることで、海外でもスマートフォンを格安のデータ通信料で利用できる便利さ、海外でしか味わえない楽しさをより多くの方に体験していただきたいと考えています。今後も、年間を通してお客様に満足していただけるサービスを提供してまいります。

※1)2016年7月7日時点。当社調べ。
※2)参考リンク


【商品の概要】
・商品名:海外用WiFiルーターレンタル 「アジア周遊Wi-Ho!(R)」
・利用料金:980円/日(不課税)

【端末スペック】
・通信速度:下り42Mbps 上り21Mbps(※)
・最大通信時間:8時間
※) 通信速度は端末の理論値です。実測値とは異なります。

【利用可能エリア】
インド・インドネシア・韓国・カンボジア・シンガポール・スリランカ・タイ・台湾・中国・タジキスタン・フィリピン・ベトナム・香港・マカオ・マレーシア・モルディブ・ラオス

【申込方法】
・WEBサイトからの予約
リンク


■サービス概要
Wi-Ho!(R)(ワイホー)は、スマートフォンやタブレット端末など、WiFi対応機器を最大5~10台まで同時にインターネットに接続できます。1日351円からレンタルできるので、国内の通信事業者が最大1日2,980円で提供するパケット定額プランより最大約88%もパケット代を節約できます。1台を同行者とシェアして利用すれば、さらにお得に利用できます。
提供会社は、24年にわたり世界各国のモバイル通信機器レンタルサービスを行っているテレコムスクエアです。ご利用者数は累計250万人を突破いたしました。旅行中の安心、便利、楽しいをお客様にお届けするため、商品の貸し出しのみでなく、利用中の24時間のサポート対応やPマーク取得など、様々な取り組みを行っております。

社名:株式会社テレコムスクエア
代表者:代表取締役社長 吉竹 雄次(よしたけ ゆうじ)
本社:〒102-0076 東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル
従業員:266人(2016年4月1日現在)
設立:1974年(昭和49年)3月28日
事業内容:情報通信機器のレンタル・販売・コンサルティング

[動画: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。