logo

ActilityがフォックスコンとThingPark Chinaを立ち上げ、急成長する中国のIoT市場で機会を活用

Actility 2016年07月07日 10時45分
From 共同通信PRワイヤー

ActilityがフォックスコンとThingPark Chinaを立ち上げ、急成長する中国のIoT市場で機会を活用

AsiaNet 65039

上海、モバイル・ワールド・コングレス・アジア、2016年7月7日/PRニュースワイヤー/ --

省電力広域(LPWA)ネットワークの業界リーダーであるActilityは、フォックスコン・テクノロジー・グループ(Foxconn Technology Group、以下「フォックスコン」)と提携し、中国市場にモノのインターネット(IoT)の包括的ソリューション一式を提供する共同イニシアチブ、ThingPark Chinaの立ち上げを本日発表しました。Actilityの革新的なThingPark IoTプラットフォームとフォックスコンの優れた垂直情報・コミュニケーション技術ソリューションの統合により、ThingPark Chinaは、センサー・ゲートウェイからネットワーク管理・SaaSソリューションをカバーするエンド・ツー・エンドのIoTサービスを提供します。ThingPark Chinaは、2016年第3四半期に事業開始予定です。

     (ロゴ: リンク )

ActilityのCEOであるMike Mulica氏は次のように述べています。「中国は、他のIoT市場にはない機会です。中国は年30%の伸びを示しており、2020年には全世界で150億のモノがインターネットにつながり、中国はその3分の1を占めるでしょう。フォックスコンは、大規模革新に関する世界クラスの専門知識と、他に類のない中国産業や都市への市場アクセスを備えた企業です。ThingPark Chinaは、中国全土の巨大なLPWA IoT市場に向けてサービスを提供します。」

フォックスコンのエグゼクティブ・バイスプレジデントであるFang-Ming Lu氏は次のように述べています。「このような心躍るイニシアチブでActilityと協力できることを喜んでいます。これは、IoTエコシステムを創造する当社の取り組みにおける新たな一歩であり、このエコシステムはよりスマートな生活を実現する革新的な製品・ソリューションの提供に焦点を置いた当社の戦略をサポートするものです。フォックスコンの設計・製造・技術能力とActilityのLPWAネットワーキングの専門知識の統合を通して生み出される相乗効果によって、当社はIoT時代の限りない機会をフルに生かすことができるでしょう。」

ThingPark Chinaは、まず中国の顧客にソリューションを提供することに重点を置きます。SaaSおよび「オンプレミス」サービスとしてのThingPark無線接続・ネットワーク運用・データ管理の展開に加えて、ThinkPark Chinaは、LPWAハードウェアを転売します。

Mulica氏は、「今が、IoTの最もワクワクする市場進出にとって最も心躍る時期です。当社のパートナー、フォックスコンとともに、ThingPark Chinaは世界のIoT事業における最もダイナミックで強力な勢力の1つになると確信しています。」と締めくくっています。

Actilityについて
Actility は、LPWA大規模インフラストラクチャーのイノベータ―であり業界リーダーです。詳細はリンク をご覧下さい。

フォックスコンについて
創業者兼CEOのTerry Gou氏による主導の下 1974年に設立されたフォックスコン・テクノロジー・グループ(「フォックスコン」)は、世界で最も競争的な製造技術を提供しています。詳細は、リンク をご覧ください。

ソース: Actility

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。