logo

ピュア・ストレージ、「Evergreen Storage」プログラムを拡張・強化

※本プレスリリースは2016年6月21日(現地時間)に米国ピュア・ストレージ本社が発表したものの抄訳です

2016年6月21日 米国カリフォルニア州マウンテンビュー発 — 市場をリードする独立系ソリッドステート型ストレージアレイのベンダーであるピュア・ストレージ(NYSE:PSTG)は本日、ストレージ業界に変革をもたらした調達・所有モデル「EvergreenTM Storage」の新たなプログラムを発表しました。「Evergreen Storage」の大幅な強化によって、既存のIT資産を保ちながら、ストレージの調達、稼働、中断なしのアップグレードが可能になります。

2014年初めに発表した「Evergreen Storage」は、従来のベンダーによる保守とアップグレードのプログラムを不要にし、最新のコントローラーでパフォーマンスのアップグレードやストレージの拡張を定期的に実施することを可能にした革新的なアップグレードプログラムです。そしてこのたびピュア・ストレージは、コントローラーやパフォーマンスを超えてEvergreenのビジョンを拡大し、メディアとしてのフラッシュの密度とスケールを飛躍的に進化させました。
お客様は、新プログラム「Capacity Consolidation」によってストレージ容量を拡大するとともに、密度の低い古いフラッシュストレージを統合することで、古いストレージのトレードインクレジットを獲得できます。つまり、アップグレード時に所有ストレージを継続的に追加購入する必要がなくなります。また、新たな保証「Right-Size Guarantee」により、データ削減の予測に基づきストレージを購入するリスクを回避し、有効容量ベースで必要な分だけを直接購入できるようになります。
「Evergreen Storage」の新たなプログラムの詳細は以下です。

Capacity Consolidation
従来のソリューションとは異なり、既存ストレージや、オンラインあるいはトレードインクレジットで、メディアの拡張と更新を実現することによって、中断を伴う定期的な容量追加を不要にします。「Capacity Consolidation」を活用すれば、スケールアップのためのフォークリフト型の追加購入の必要はなく、クラスターから老朽ノードを取り除いた際のスケールアウトによる追加購入も不要になります。お客様が自社の「FlashArray」に新しい容量を設置する一方で、統合された古いストレージにあるデータは中断なしで自動的に高密度の新しいストレージへと移行されます。「Evergreen Storage」は、たとえ初期購入価格が競合他社のストレージ製品と同等であっても、33%以上という大幅なコスト削減を継続的に実現します。これにより、容量に対して二重払いすることなく、より高密度で最新型のフラッシュに定期的にアップグレードできるため、データの急増に対応したインフラの拡張が保証され、お客様の組織全体でイノベーションを促進することができます。
また、「Capacity Consolidation」は、「Upgrade Flex」バンドルなど、その他の「Evergreen Storage」製品と連携して機能します。お客様は容量の拡大を続けながら、ストレージを追加購入することなく、高密度な最新型のフラッシュと高性能な最新コントローラーの両方を入手することができます。
Right-Size Guarantee
有効容量の裏に潜むシン・プロビジョニング、RAID保護、データ削減性能などのために能力不足のストレージを購入することなく、ピュア・ストレージの実績あるクラス最高のデータ削減効果によって、効果的でコスト効率に優れたストレージ活用を可能にします。お客様は、ピュア・ストレージおよびパートナー企業の支援を受け、ワークロードの観点から有効容量の要件を定義し、その一方で、ピュア・ストレージはクラウドベースのワークロードインテリジェンスを生かし、業務に適切なアレイ数を算定します。これにより、特有データのデータ削減やサイズ不足の懸念が解消され、適切な規模と有効容量を保証します。お客様の特定のニーズに合わせて追加の無停止フラッシュを無料で提供し、適切な規模への拡張を可能にします。

この「Right-Size Guarantee」を支えるテクノロジーが「Shelf Evacuation」であり、これこそが「Evergreen Storage」が専用設計のテクノロジーとビジネスモデルのイノベーションを融合し、よりシンプルで、使いやすく、コスト効率に優れたストレージを提供していることを示すものです。

・「Evergreen Storage」プログラムを拡張・強化に関する各社からのコメント

ピュア・ストレージは、新しい「Evergreen Storage」によって企業のより有効なストレージ運用を可能にするためのさらなる一歩を踏み出しました。このことは当社のお客様にとっても直接的なメリットとなります。「Evergreen Storage」の強化によって、リスクが伴いコストがかかるハードウェアのアップグレードサイクルが不要になり、必要な容量を満たせないのではないかという不安も解消されます。これは当社の事業面でも収益面でも画期的なことです。
Red Hawk Casino 情報技術担当バイスプレジデント マシュー・モーガン(Matthew Morgan)

「Evergreen Storage」は、業界が待ち望んだポジティブな変化を象徴するアップグレードモデルです。これにより、企業はストレージハードウェアのアップグレードやデータ移行という終わりのない作業がもたらす手間とコストを軽減することが可能になるでしょう。これに「Capacity Consolidation」や「Right-Size Guarantee」を追加したことで、顧客体験を向上させるピュア・ストレージの能力が高まりました。
451 Research シニアアナリスト ティム・スタマーズ(Tim Stammers)

最近、ピュア・ストレージの新しい「FlashArray//m」シリーズをアップグレードしたところ、システムのニーズを満たして余りあるストレージがあることに気付きました。また、郡のディザスタリカバリのサイトに導入されたピュア・ストレージのアレイには、追加のストレージが必要でした。そこで、ピュア・ストレージの新機能「Shelf Evacuation」でシステムのシャーシにデータを統合し、空いたシェルフをディザスタリカバリのサイトに移動することができました。ピュア・ストレージに期待したとおりの、まさにシンプルでコスト効率に優れたソリューションです。
ミシガン州 マスキーゴン郡役所 シニアネットワークエンジニア ジェイミー・ウォフォード(Jamey Wofford)

ピュア・ストレージの「Evergreen Storage」は、当社のお客様のストレージに関する価値観を完全に塗り替えました。強化された「Evergreen Storage」プログラムは、ストレージ運用をトータルでサポートするもので、お客様にシンプルで明快なストレージ導入と、ワークロードの全ライフサイクルを通したアップグレードを提供します。これにより、リスクが低減し、投資の保護が保証されます。
Datalink チーフアーキテクト ジェイソン・アンダーソン(Jason Anderson)

お客様の視点で捉えると、唯一の重要な指標は有効容量です。ピュア・ストレージは、有効容量を保証することで、お客様が自信を持って製品を購入し、直ちにビジネスに変革をもたらせるよう、データ削減に伴うリスクを排除し、購買プロセスを簡素化します。「Right-Size Guarantee」は、データ削減本位の保証とそれにまつわるリスクや複雑性に取って代わる、お客様志向のシンプルな保証です。
米国ピュア・ストレージ本社 製品担当部門バイスプレジデント マット・キックスモーラー(Matt Kixmoeller)

ピュア・ストレージのテクノロジーアライアンスのエコシステムにいる企業が「Evergreen Storage」について語っている内容は、以下をご参照ください。
リンク

ピュア・ストレージについて
ピュア・ストレージ(NYSE:PSTG)は、かつてない方法でビジネスの変革を促進します。無停止のソフトウェア志向のストレージテクノロジーに顧客が利用しやすいビジネスモデルを組み合わせて、パフォーマンスと効率性を低コストで飛躍的に向上させ、ビジネスとITの変革を推進します。ピュア・ストレージの「FlashArray//m」は、最もシンプルかつ高速で洗練されたデータセンターテクノロジーです。また、「FlashArray//m」は、ビッグデータへの移行やパフォーマンス集約的なワークロード(クラウドコンピューティング、データベースシステム、デスクトップ仮想化、リアルタイム分析、サーバー仮想化など)に最適なソリューションです。さまざまな業界(クラウドベースのソフトウェア/サービスプロバイダー、コンシューマー向けWeb、教育、エネルギー、金融サービス、政府、医療、製造、メディア、小売、電気通信など)における大企業および中堅企業が、Satmetrix認証のネットプロモータースコア(NPS)で79のスコアを獲得している業界大手のピュア・ストレージのオールフラッシュストレージ製品を活用しています。ピュア・ストレージのソリューションによって、企業はスピード、スマートさ、革新性のさらなる向上を図ることができます。
詳細情報は、リンクにてご覧いただけます。

以下サイトでもピュア・ストレージに関する情報をご覧いただけます。
• Twitter: リンク (日本語)
• Facebook: リンク (日本語)
• YouTube: リンク (日本語)
• ブログ: リンク (英語)

Pure Storage 及び “P”ロゴマーク、 Purity Operating Environment, RAID-3D はピュア・ストレージの登録商標です。ピュア・ストレージは他社のマーク及び名前におけるあらゆる独占所有権を拒否します。本リリースにおける他の登録商標及び名称の所有権は所有者に属します。

■本件に関する報道関係者お問い合わせ先:
ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 広報担当 阿部 恵史
電話:03-5456-5699
E-mail:pr-japan@purestorage.com

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 広報代理店
担当:仙場、峰松
電話:03-3571-5236 FAX:03-3574-9364/E-mail:purestorage-pr@kyodo-pr.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事