logo

デジタルガレージ、カカクコム、クレディセゾンが新設する研究開発組織『DG Lab』に、TISが技術開発パートナーとして参画

TISインテックグループ 2016年07月04日 15時30分
From PR TIMES

~ ブロックチェーンや人工知能などの分野での技術開発を支援 ~

TISインテックグループのTIS株式会社(東証一部 3626、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野 徹、以下 TIS)は、株式会社デジタルガレージ(東証一部 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役グループCEO:林 郁、以下:DG)と、株式会社カカクコム(東証一部 2371、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:畑 彰之介)、株式会社クレディセゾン(東証一部 8253、本社:東京都豊島区、代表取締役社長:林野 宏)の3社が設立したオープンイノベーション型の研究開発組織『DG Lab』に技術開発パートナーとして参画することを発表します。



 また、TISは1999年から資本提携しているDGと、IT面における戦略パートナーとしての関係をより一層強固にするため、DG株式の保有比率を高めました。

 『DG Lab』は、オリンピックの開催を見据え2020年までを第1フェーズとし、グローバルに広がるビジネスに直結した研究成果を目指す研究開発組織です。「ブロックチェーン」「人工知能」「VR/AR」「セキュリティ」「バイオテクノロジー」を重点研究分野とし、これらの分野での高いレベルの技術を持つ国内外の投資先企業と連携して、新たなプロダクトやサービスの基礎となる研究成果を生み出すことを目指します。5つの重点分野の中でも当初は特に、「ブロックチェーン」と「人工知能」に力を入れて研究開発を進める予定です。

 TISは『DG Lab』の技術開発パートナーとして、自社の決済領域における知見とソリューションや、人工知能に関して蓄積してきた技術やノウハウを活用し、『DG Lab』の重点領域である「ブロックチェーン」や「人工知能」などの分野の技術開発を支援します。

<「DG Lab」の運営体制と研究領域など>
[画像: リンク ]

■TISの技術革新、新規サービス戦略
 TISでは、リテール決済ソリューション群「PAYCIERGE(ペイシェルジュ)」を展開するなど、決済領域においては、これまでの経験とノウハウを強みに、国内外のお客様へ先進的なサービスを提供してきました。また、「人工知能」「ブロックチェーン」など先進技術領域では、自社独自の取組みに加えて、ベンチャー企業への投資、大学との共同研究などを通じ、オープンイノベーションによる技術開発、サービスの高度化を推進しています。
 今回、『DG Lab』の技術開発パートナーとしての参画もこの一環であり、5つの重点分野における国内外有数のリーディング企業と協業することで、TISの知見・ノウハウと次世代技術を組み合わせた技術革新や新規サービス創出を目指します。

 また、TISはDGとの長年のパートナーシップを、DG株式の保有比率を高めることで強化しました。DGとIT面での戦略パートナーとして関係性を深め、従来の決済領域での協業に加えて、『DG Lab』をはじめとした新たな事業領域での協業拡大を目指します。


株式会社デジタルガレージの代表取締役社長 兼 グループCEO 林 郁氏は、以下のように述べています。
「インターネットの黎明期から、DGとTISは戦略パートナーとして日本で最初のECサイトやCVS物流プラットフォームなどを他社に先駆けて事業化してきました。今回を機に更に連携を強化し、TISおよびDGの決済ソリューションと、ブロックチェーンや人工知能を組み合わせた決済プラットフォームを構築することで、一緒にフィンテックの未来を切り開いていきたいと思います」


TIS株式会社について
TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。リンク

TISインテックグループについて
TISインテックグループは、2016年7月1日にITホールディングスグループからTISインテックグループに生まれ変わりました。グループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。


※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。