logo

レオパレス21、グラモと提携し住戸のIoT化を加速

レオパレス21 2016年07月04日 11時03分
From PR TIMES

~まずはLeo Remoconを新築全戸に標準搭載~



 株式会社レオパレス21(本社:東京都中野区、代表取締役社長:深山 英世、以下 レオパレス21)と株式会社グラモ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:後藤 功、以下 グラモ)は、グラモの展開するスマートフォンによる家電制御機器『iRemocon』をベースに、独自にカスタマイズした『Leo Remocon』を新たに共同で開発し、レオパレス21の新築全戸※1に標準搭載することを決定しました。10月完成物件より順次搭載してまいります。※1ファミリー向けを含み一部物件を除きます。


 『Leo Remocon』はレオパレス21に標準で備え付けられている家電はもちろん、入居者様がお持ちの赤外線リモコン対応家電をスマートフォンから遠隔で操作や、室内の温度・湿度・明るさの情報を表示できるようにする機器です。入居者様が手軽にスマートハウスを体験できるよう、『Leo Remocon』では、入居者様に専用アプリを提供し、Life Stick(レオネット)対応等の独自機能をご利用いただけます。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



■今回の提携の背景
 レオパレス21の入居者様に、より先進的で安心・快適な生活を提供すべく、レオパレス21は家電コントロール分野でのパイオニア的な存在であるグラモをアライアンスパートナーとして選定しました。グラモの持つ製品やノウハウをレオパレス21の住居空間に適用することによって、入居者様により良いサービスを持続的に提供可能と考えております。

■今後の展開に関して
 今後も、様々な家電コントロール分野で多くのシェアを持つグラモの高い技術力をレオパレス21の物件に採用することによって、常に最先端の住空間を実現します。グラモが今後開発を予定する新機能や、セキュリティ等のシステムを段階的に導入することによって、今後もより高度な住空間の提供を共同で目指します。

【主な利用シーン】
・外出先から照明やエアコンを制御して快適に
・外出先から自宅の温度・湿度・照度の情報を見て部屋の状況を確認
・在宅中にソファーに座ったままスマートフォンから機器を制御

【主な機能】
・今使っているスマートフォンが超高機能リモコンになる
・家の中でも外出先からも、家電をコントロール
・超高出力赤外線LEDにより部屋の隅々の家電を制御
・高性能赤外線学習ロジック
・センサー搭載により、お部屋の状況をモニター
・GPSと連動した家電制御機能
・音声認識による家電制御機能
・登録した手順で自動で家電を制御するマクロ機能
・タイマー機能
[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]



【レオパレス21独自機能】
・予め備え付けの家電を設定済みなので面倒な設定は不要
・備え付けの家電に最適化されたリモコンデザインが利用可能
・Life Stick(レオネット)に対応

【対応アプリ】
iOS/Android対応『iRemocon for Leopalace21』アプリ

【『iRemocon』とは】
 『iRemocon』に家電のリモコン信号を学習させることによって、自宅や外出先からスマートフォン(iPhone/Android)で様な家電をコントロールすることができる家電製品です。発売以来、一般のユーザーだけでなく、スマホを利用して手軽にホームオートメーションが実現できる機器として、マンションデベロッパーやハウスメーカー等が販売する部屋に標準採用されるなど、建設業界から注目を集めております。

【レオパレス21について】
社名: 株式会社レオパレス21
代表者: 代表取締役社長 深山 英世
設立: 1973年8月17日
資本金: 752億8千2百万円
上場市場: 東京証券取引所 市場第一部
所在地: 東京都中野区本町2-54-11
URL: リンク

【グラモについて】
社名: 株式会社グラモ
代表者: 代表取締役社長 後藤 功
設立: 2011年2月2日
資本金: 4億8千9百万円 (内資本準備金2億4千2百万円)
所在地: 東京都豊島区東池袋3-23-13 池袋KSビル6階
URL: リンク

■関連情報
・『iRemocon』サイト(製品サイト)
リンク

■『iRemocon』に関するお問い合わせ
以下のURLからお問い合わせください。

リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。