logo

テクトロニクス、16GT/sデータ・レートを含む、 PCI Express 4.0のテスト・ソリューションを発表

テクトロニクス 2016年07月04日 09時44分
From Digital PR Platform


報道発表資料
2016年7月4日

テクトロニクス(代表取締役 米山 不器)は、本日、PCI Express(PCIe)のためのテスト・ソリューションの強化を発表します。このソリューションは16GT/sデータ・レートのサポートを含んでおり、PCIe 4.0アーキテクチャをサポートする、業界初のトランスミッタ/レシーバの自動テスト・ソリューションです。

PCIe 4.0のデータ・レートが高速になるにつれ、チャンネル損失の増加、厳しくなるトータル・ジッタ・バジェット、より複雑になるリンク・トレーニング、タイミング要件など、新しいテスト問題が発生しています。設計マージンの減少に伴い、デバッグ、設計検証、インターオペラビリティ(相互運用性)テストでは、正確で、規格特有の測定ソリューションが重要になります。テクトロニクスの最新のPCIe 4.0、3.0テスト・ソリューションとDPO70000SXシリーズ・ハイ・パフォーマンス・オシロスコープを組み合せることで、これらすべての要求に対応できます。

テクトロニクス、パフォーマンス・オシロスコープ、ジェネラル・マネージャのブライアン・ライク(Brian Reich)は、次のように述べています。「PCIeなどの重要な業界仕様の進化に伴い、テクトロニクスのテスト/計測ツールも同時に進化しなければなりません。DPO70000SXシリーズ・オシロスコープと、PCIeソリューションの強化により、優れた測定確度とスケーラビリティが得られるため、最新のPCIe仕様に対するデバッグとコンプライアンス検証が可能になり、コンプライアンス・テストに要する時間を大幅に短縮し、作業生産性が向上します」

<PCIe 4.0のトランスミッタ・テスト>
テクトロニクスのDPO/DPS70000SXシリーズ、DPO/MSO70000DXシリーズ・ハイ・パフォーマンス・オシロスコープのOpt. PCE4は、PCI Expressの2.5、5.0、8.0、16.0GT/sのすべての4つの世代で使用される、100MHzリファレンス・クロックと、ピコ秒ジッタ要求を含む、新しいPCIe 4.0のベース仕様の新しいトランスミッタ(Tx)測定が行えます。PCI Express 3.0用ソリューションであるOpt. PCE3でも、同じ機能強化が実施されます。

<PCIe 4.0のレシーバ・テスト>
今回の発表により、テクトロニクスはPCIe 4.0およびPCIe 3.1aベース仕様のレシーバ・テストをサポートします。このソリューションは、テクトロニクスのBERTScopeビット・エラー・レート・テスタとハイ・パフォーマンス・リアルタイム・オシロスコープを自動化してストレス・アイの開口を校正し、Rxの適合性とジッタ・トレランスをテストします。業界標準の方法に従ったこのソリューションは、テクトロニクスのパートナー企業であるGranite River Labs社との協力で開発されており、シンプルなユーザ・インタフェースによって複雑なPCIeテストを自動化し、計測器の校正時間を大幅に短縮します。さらに、このソリューションはユーザ定義のレンジを使用した、さまざまなタイミング/電圧パラメータのループ・スルーをサポートしており、二次元のプロットが作成できます。

<業界による検証>
PCI Expressのベース仕様、Revision 4.0、Version 0.7は非常に複雑であり、仕様書は1,000ページを超えるため、テスト・エンジニアが迅速に対応することは困難です。テクトロニクスは、PCI-SIGなどの規格団体と協同しており、業界規格仕様のテスト要件をわかりやすく、簡潔な特性評価レポートにする、操作性に優れたターンキー・テスト・ソリューションとして実現しています。

<第4世代の性能要件に対応したDPO70000SXシリーズ>
急速に成長しているクラウド・コンピューティング、ストレージ・セグメントの新世代規格に対応するため、エンジニアリング・チームはPCIe 4.0などの規格の高速データ・レートのシグナリングにおいて再現性が高く、非常に正確な測定が行える測定プラットフォームを必要としています。テクトロニクスの最新のオシロスコープ・ファミリであるDPO70000SXシリーズは、それまでの世代のオシロスコープと比較して、第4世代のシリアル・バスにおいて以下のような数多くの特長があります。

・広帯域、低ノイズのATIチャンネルによる、優れた信号忠実度と広い測定マージン
・柔軟性に富んだアーキテクチャにより、カストマの現場において、最小のダウンタイムで23GHzから70GHzへの機能拡張が可能
・業界トップクラスの25GHzエッジ・トリガ帯域により、高速信号が容易に取込み可能
・高確度の時間軸により、最新の高速規格における非常に正確なタイミング/ジッタ測定が可能
・設計の特性評価、問題点のデバッグのための高確度のタイミング測定を可能にする統合カウンタ/タイマ


<PCI-SIGについて>
PCI-SIGは、オープン業界規格としてのPCI仕様を所有、管理する業界団体です。団体メンバのニーズにしたがった業界規格のI/O(入出力)仕様を策定しています。現在、PCI-SIGは業界をリードするメンバ企業の約800社で構成されています。PCI-SIGへの加入、理事会のリストについては、ウェブ・サイト(www.pcisig.com)をご覧ください。


<テクトロニクスについて>
米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、お客様の問題を解決し、詳細の理解を深め、新たな発見を可能にする、革新的で正確かつ操作性に優れたテスト/計測モニタリング・ソリューションを提供しています。テクトロニクスは70年にわたり電子計測の最前線に位置し続けています。
ウェブサイトはこちらから。 jp.tek.com


<テクトロニクスの最新情報はこちらから>
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (リンク )
YouTube(リンク


<お客さまからのお問合せ先>
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL jp.tektronix.com


TektronixおよびテクトロニクスはTektronix, Inc.の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事