logo

1型糖尿病の元Jリーガー・杉山 新さんと糖尿病ネットワークがコラボ、ブログオープン!

日本医療・健康情報研究所 2016年07月01日 16時35分
From 共同通信PRワイヤー

2016年7月1日

糖尿病ネットワーク

ー子どもたちに、サッカー選手への夢をかなえたい。ー
1型糖尿病の元Jリーガー・杉山 新さんと糖尿病ネットワークがコラボ
ブログ「1型糖尿病と生きる -挑戦を希望に-」がオープン!


 このたび、1型糖尿病患者さんへ、挑戦への勇気と希望を与えたいという元Jリーガーの杉山 新さんの想いに糖尿病ネットワークが賛同し、アメーバブログに「1型糖尿病と生きるー挑戦を希望にー」(リンク)を開設しました。糖尿病ネットワークの1型糖尿病患者が多く集う「インスリンポンプ情報ファイル」の特設コーナーと連動し、月に1回の連載もスタートします。

■現役中に1型糖尿病を発病したJリーガー
 杉山さんは、柏レイソルでプロサッカー選手としてのキャリアをスタート。2003年に移籍したヴァンフォーレ甲府で徐々に出場機会が増えるも同年、1型糖尿病を発病し戦力外通告を受けます。絶望の淵でなんとか練習生としてチームに帯同。療養生活とサッカーの両立に苦しみながらも、3カ月の練習生期間を経て実力でプロ契約を勝ち取りました。以来、2015年2月に現役引退するまで大宮アルディージャ、横浜FC、FC岐阜と10年以上にわたり活躍し続けました。現役引退後は、指導者としての第二のサッカー人生を送るなか、1型糖尿病の認知を広める活動にも精力的に参加されています。

■1型糖尿病の認知を広めたい
 1型糖尿病は、2型糖尿病のような生活習慣病とは異なりインスリンが出ない先天的な難病です。小児、若年発症が多く、この病気にかかった子どもたちは自分でインスリン注射を打って生活しています。近年は、杉山さんのようにインスリンポンプ(携帯型のインスリン注入ポンプを用いてインスリン製剤を皮下に持続的に注入する治療法)を利用している人も増えています。杉山さんは「1型糖尿病への理解を広める活動を通して、子どもたちに最も人気のスポーツであるサッカーを、1型糖尿病の子たちにも楽しんでもらいたい。子どもたちや親御さん、糖尿病医療に携わる医療従事者、学校の先生や養護教諭の先生にもぜひブログを読みに来ていただき、この病気に対する情報交流の場になれば嬉しい」と語っています。

■1型糖尿病の子どもたちが抱える悩み
 2015年に糖尿病ネットワークが1型糖尿病をもつ小学生を対象に行った「小児1型糖尿病患児の治療環境に関するアンケート調査」によると、親御さんから担任の先生へ病気のことを話すことはあっても、クラスメイトへ話すことは少なく、病気に対して校内での認知が低いため低血糖になっても「なんとか自分で対処している」と答えた子は半数に及びました。インスリン注射は保健室やトイレで打っている子が多く、いじめを受けた経験者は4割。このような現状からも、やはり激しいスポーツを避ける子、スポーツ選手になる夢を最初から諦めてしまう子は少なくないと思われます。

【関連情報】 
■杉山 新ブログ「1型糖尿病と生きるー挑戦を希望にー」:リンク 
■インスリンポンプ情報ファイル:リンク 
■1型糖尿病について:リンク 
■小児1型糖尿病患児の治療環境に関するアンケート調査:リンク 

糖尿病ネットワーク事務局「杉山新ブログ」チーム
担当:佐藤晴美、広瀬美深 
〒105-0003東京都港区西新橋2‐8‐11 第7東洋海事ビル8階 創新社内
TEL.03-5521-2881 Fax.03-5521-2883 E-mail. pump@dm-net.co.jp




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。