logo

「レッドホットチキン」PR大使決定戦に “メイプル超合金”が立候補!

日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社 2016年06月30日 22時10分
From 共同通信PRワイヤー

2016年6月30日

日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社

「レッドホットチキン」PR大使決定戦に
“メイプル超合金”が立候補!
▲PR大使エントリー記者会見ムービーを7月1日(金)から公開!!
▲同日からtwitter投票およびキャンペーンを開始!!

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:近藤 正樹、本社:東京都渋谷区、以下:日本KFC)は、人気商品の「レッドホットチキン」のPR大使の座をめぐって、2016年のブレイク芸人、メイプル超合金の“カズレーザー”“と”安藤なつ”がガチンコ対決する争奪戦にtwitter投票で参加し、抽選でメイプル超合金のサイン入りKFCカードが当たるキャンペーンを2016年7月1日(金)から実施します。

「レッドホットチキン」は、2004年の初登場以来、刺激的な辛さが夏の定番にもなっている人気メニュー。今年はさらに辛さをアップして新登場。独自の辛味スパイスで、ひと手間かけて奥まで味付けされているので、ガブリとかじると、チキンの中から辛さが湧き出します。
今回のキャンペーンでは、2012年の結成からわずか3年で、2015年の漫才新人大賞、M-1グランプリで決勝進出(7位)を果たすなど、一気に知名度を上げた2016年のブレイク芸人、メイプル超合金の“カズレーザー”と“安藤なつ”のコンビ同士が、どちらが「レッドホットチキン」のPR大使にふさわしいのかを争います。
WEBムービーで、それぞれが「レッドホットチキン」の魅力やおすすめポイントを語りながら、PR大使への意気込みを語ります。そのWEBムービーを見て、どちらに「レッドホットチキン」のPR大使になってほしいかをtwitterで投票してもらいます【投票期間:7月1日(金)~7月7日(木)】。
勝者は、PR大使としてオリジナルクーポンの発行、また、レッドホットチキンの辛さを表現した全身赤ルックの披露も約束しており、気になる結果発表は、決定したいずれかのPR大使就任のスペシャルムービーで7月8日(金)に公開予定。敗者には罰ゲームも予定しており、こちらはケンタッキー公式アプリのみで公開されます。

特設ページURL: リンク

■WEBムービー『PR大使エントリー記者会見&コメント』 撮影エピソード
6月某日、撮影現場に現れたメイプル超合金のお二人は、エキストラで参加し、緊張をみせる事務所の後輩たちに場の雰囲気を和ませるかのようにずっと話しかける、後輩想いの姿をみせていました。
リハーサル段階から普段TV番組で見せているのと同じように派手に振る舞うカズレーザーさんは、そんな後輩たちから「目がバキバキだ」と突っ込まれながらもアドリブを連発。台本通りにリハーサルを進行しようとする相方の安藤なつさんから「思い通りにいかなすぎる!」と声を荒げたツッコミが入り、現場はすでに爆笑の渦に。
本番中でも牛乳瓶の底のような分厚いレンズのメガネで記者に変装した安藤なつさんが、「前が見えなかった」とセットの机に衝突するハプニングがあり、それを見たカズレーザーさんも思わずクスリと笑ってしまいましたが、現場の流れで「それも面白い」と撮影を中断することなく続行しました。
カメラが回っていないときでも、メイプル超合金のお二人は、エキストラの後輩たちと記者会見ごっこをして、和気あいあいとした、限りなく素の表情に近いお二人の姿を収めることができました。

※ストーリーボードは添付のリリースをご確認くださいませ。

■メイプル超合金さんインタビュー
―新商品「レッドホットチキン」を食べた感想
カズレーザー「チキン中のチキンといっても、過言ではないですね。チキンを超えましたね。もう。」
安藤なつ「いや、チキンはチキンだろ。」
カズレーザー「もう本当にこういったらなんですけど、おふくろの味でしたね。もはや。」
安藤なつ「こういったらなんですけど、ってなんだよ。」
カズレーザー「おいしすぎておいしすぎて、もうおふくろの味といっても過言ではない。今までの母親が作った味、全部塗り替えてもう、おふくろの味になりました。自分の記憶を全部塗り替えるくらいうまかった。」
安藤なつ「いや、私もケンタッキーの中で、一番好きな商品なので。なぜレギュラーメニューにならないのかっていうのが不思議なくらいおいしい。」

―PR大使投票に向けての意気込みをお願いいたします。
カズレーザー「芸人人生を懸けて挑戦している!と書いておいてください!これで、負けた方が即!引退と!」
安藤なつ「げ、芸人引退?重くない?(笑)」
カズレーザー「それくらいの!面持ちでやっていますね。」
安藤なつ「心持でもなく、面持ちなんですね。」
カズレーザー「はい。顔だけは、そういう感じでやっていこうかなと。」

―このキャンペーンをどんな人に楽しんでほしいですか?
カズレーザー「まだレッドホットチキンを食べたことがない人に(WEBムービーを)見てほしいですね。」
安藤なつ「食べたことがある人も、(これまでのレッドホットチキンと)一味違う辛さになっているので、その違いを味わってほしいですね。」
カズレーザー「確かに、食べたことがない人も、食べたことがある人も、(WEBムービーを)見てほしいですね。全員朝昼晩一回ずつ見てください!」



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事