logo

神田外語大学大学院のMA TESOLプログラム(※)が「学習アドバイザー・トレーニング講座」を8月24~26日まで実施

神田外語大学 2016年06月30日 08時05分
From Digital PR Platform


神田外語大学大学院(東京都千代田区/学長 酒井邦弥)のTESOL学位プログラム(MA TESOL Program)は8月24日(水)~26日(金)の3日間、「学習アドバイザー・トレーニング講座」を開講する。これは、学習アドバイジングに対する関心の高まりを受け、英語教育に携わるすべての人を対象に、学習者へのアドバイジングのトレーニングを行うもの。神田外語学院の加藤聡子講師と甲南女子大学の山下尚子講師が、1対1の対話を通して学習者の自律性を高めるスキルを講義する。(※)TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)とは、英語を母国語としない人に対する「英語教授法」を専門的に学ぶ学問分野のこと。


 初等・中等教育からの英語教育強化に伴い、英語教員の資質・能力の向上の必要性が叫ばれる中、この特別講座では英語教育に携わるすべての人を対象に、学習者へのアドバイジングのトレーニングを行う。特に語学は日々の継続学習が必要な学問であるため、学習者が自立して学習を続けられるためのサポートを、学習者との対話を通し磨くことを目的として実施する。概要は下記の通り。

◆「学習アドバイザー・トレーニング講座」開催概要
【日 時】
 8月24日(水)~26日(金)<3日間通し>
 10:30~15:30(昼休憩1時間含む)
【場 所】 神田外語学院(東京都千代田区内神田2-13-13)
【講 師】
●加藤聡子(かとう さとこ/神田外語学院ラーニング・アドバイザー)
 東京生まれ。幼少期をドイツ、スイス、フランスで過ごす。日本女子大学人間社会学部卒業、米国コロンビア大学大学院修士課程修了(MA TESOL)。通訳者・翻訳者、英語講師、神田外語大学SALCラーニング・アドバイザーを経て、現職。著書に『Reflective Dialogue:Advising in language learning』(Routledge)、『英語学習手帳』などがある。
●山下尚子(やました ひさこ/甲南女子大学講師、ラーニング・アドバイザー)
 東京生まれのアメリカ育ち。米国ブラウン大学公共政策学部卒業、米国モントレー国際大学院外国語教育修士課程修了(MATFL)。日本語講師、英語講師、神田外語大学SALCラーニング・アドバイザー、神田外語学院ラーニング・アドバイザーを経て、現職。『英語学習手帳』編著。
【定 員】
 15名(最大18名まで可)
 英語教育に携わる教員・職員、学習アドバイジング、コーチング、1対1の対話を通して学習者の自律性を高めることに興味のある方が対象
【受講料】 31,500円(税込・3日間通し)
【内 容】
 「学習アドバイジング」の基本知識と基本スキル:対話を通した自律性の促進
●1日目:自律性を促すアドバイジングとは
・アドバイジングの定義、心得
・「聴く」「受け入れる」「共感する」力を養う
・基本スキル(1)
●2日目:「対話」から生まれる「学習者の変化」
・教師から「ラーニング・アドバイザー」へ
・学習者のメタ認知的意識の変化
・基本スキル(2)
●3日目:理論から実践へ
・学習者の「決意」と「行動」を促す力を養う
・模擬アドバイジング
・12の基本スキルを使った実践トレーニング

(参考)神田外語大学大学院 MA TESOL Programについて
 リンク

▼本件に関する報道関係の方の問い合わせ先
 学校法人佐野学園 学園広報部
 TEL: 03-3258-5837
 FAX: 03-5298-4123
 MAIL: media@kandagaigo.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事