logo

KADOKAWAが、トーハン運営の「Digital e-hon」、「全国書店ネットワークe-hon」との連携を強化

ポイント連携による「電子書店→リアル書店」への送客と、書店店頭活性化を推進

株式会社KADOKAWAは、とリアル書店の店頭活性化を図る連携施策として、KADOKAWAグループの電子書店「BOOK☆WALKER」と、トーハンが運営する電子書店「Digital e-hon」とにおいて、本棚(購入履歴)連携および両サイトのポイント交換サービスを開始いたしました。



株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹、以下KADOKAWA)は、株式会社トーハン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:藤井武彦、以下トーハン)とリアル書店の店頭活性化を図る連携施策として、KADOKAWAグループの電子書店「BOOK☆WALKER(リンク)」(以下 BOOK☆WALKER)」と、トーハンが運営する電子書店「Digital e-hon(リンク)」(以下 Digital e-hon)とにおいて、本棚(購入履歴)連携および両サイトのポイント交換サービスを開始いたしました。


【本棚連携】
BOOK☆WALKER とDigital e-honとの会員情報を連携させること(※)で、KADOKAWAグループコンテンツの購入情報を相互で共有し、どちらの電子書店で購入したかを問わず、両方のアプリ本棚で読むことが可能となります。
※本棚を連携するためには、お客様が事前に“本棚の連携作業”を行う必要があります。[株式会社KADO1]

【ポイント交換】
BOOK☆WALKER とDigital e-honの会員情報を連携させることで、BOOK☆WALKERの通常コインとDigital e-honの通常ポイントとの相互交換が可能となります(※※)。

Digital e-honのポイントは、オンライン書店 「全国書店ネットワークe-hon(リンク)」 (以下 e-hon)を経由させることで書店ポイントへ交換が可能なため、以上の連携により、BOOK☆WALKER 、Digital e-hon、e-hon、の3サイトから書店店頭への送客も可能になります。
※※ポイントの交換には、お客様が申請作業を行う必要があります。

KADOKAWAは、作品の形態や販売方法に関わらず、お客様がさまざまな方法で作品をより楽しんでいただけるよう、今後も書店と電子書店との密なる連携をめざします。

また、書店と電子書店が連携する販売促進企画なども積極的に検討し、出版コンテンツのさらなる活性化に貢献して参ります。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事