logo

Teir1モバイルオペレーターとAccedianが初めて完全仮想化性能保証を展開

Accedian Networks Inc. 2016年06月29日 14時08分
From 共同通信PRワイヤー

Teir1モバイルオペレーターとAccedianが初めて完全仮想化性能保証を展開

AsiaNet 64878 (0774)

【ロンドン2016年6月29日PR Newswire=共同通信JBN】
*モバイルオペレーターは「品質戦争」を激化させ、「まあまあの性能」のネットワークから加入者を獲得するためにパフォーマンスを利用

エンドツーエンドのネットワーク・パフォーマンスのエキスパートであるAccedian(リンク )は29日、同社の完全仮想化モバイル・ネットワーク監視プラットフォームがLTEネットワークを保証するため、初めて展開されたと発表した。アジア最大のTeir1マルチプル・オペレーターはこれで、単一の集中システムからリアルタイムでネットワークのサービス品質(QoS)とユーザー体験を完全に一覧することが可能となった。この展開は品質を最優先するネットワークの基盤となり、「最低価格で、まあまあ」なパフォーマンスを使って加入者を獲得してきた「既成」モデルを崩壊させている。

オペレーターはユーザー体験を最適化するためにAccedianのソリューションを利用し、数十万のネットワーク・ノードから刻々と集められた広範なパフォーマンス測定データを監視する。これによって得られたネットワーク状態に関するリアルタイムの一覧結果はビッグデータ解析プラットフォームに直接組み込まれ、音声、ビデオ、モバイルアプリケーション、ブロードバンドのパフォーマンスに対する優れた手掛かりを提供する。

Accedianのソリューションは、世界の主要なモバイル・ネットワークを監視するために使用されている。こうした最近のLTE配備は、AccedianのSkyLIGHT Performance Platformの完全仮想化ソリューションを初めて使用している。SkyLIGHT VCXの仮想環境プローブは、各プローブが数十万のセッションを監視しネットワーク全体領域を保証する能力を備えており、わずか数分のうちに商用オフザシェルフ(COTS)サーバー上で動作することができる。特許取得済みの方法による一方向での重要なネットワークのメトリクス値は、従来のソリューションよりもマイクロ秒レベルの精度で数百倍正確に測定可能である

これらの展開において、オペレーターはSkyLIGHTを使用して、複合サービス優先権についてモバイル・ネットワークのバックホール・パフォーマンスを監視し、VoLTEの音質、アプリケーションのレイテンシー、ストリーミング・メディアのパフォーマンスの体験品質(QoE)を直接一覧する。主要パフォーマンス評価指標(KPI)は通話切断をはじめ、接続性、ローミング、携帯電話間の干渉問題軽減のために使用することができる。

この規模の展開には、各基地局とセルサイトのルーターの監視が含まれる。ネットワークには、25万以上のエンドポイントがある。Accedianの専門的なサービスチームはモバイルオペレーターと緊密に協力し、8週間足らずで全ての全国的なネットワークに計装した。1か所での統合で、SkyLIGHTのプラットフォームは現在、1日当たり200億以上の測定をオペレーターのビッグデータ解析システムに送信している。配備は近く拡張され、輸送と基幹ネットワーク、ならびにエンドユーザーの接続性とアプリケーション体験を監視する。

仮想化による計装は、モバイル・ネットワークオペレーターにとって変革の恩恵がある。70%を上回る可能性がある莫大なコスト節減に加え、全ての全国的なネットワークは数カ月ではなく数週間で計装可能で、その粒度と密度は物理的なハードウエアによるプローブでは通常不可能な水準に達する。LTEネットワークはトラフィック・レベル、アプリケーション利用、ネットワーク密度において急成長に直面しており、新しいプローブが要求に応じて出現する可能性がある。仮想マシンのCPU、メモリー、ストレージの容量も、必要とされるときに追加の容量を提供するため、増設することができる。

AccedianのClaude Robitaille最高技術責任者(CTO)は「12年にわたり、Accedianは最も粒度が細かく、高精度かつ拡張性のある監視ソリューションを開発し、世界の大規模なネットワーク・オペレーターにリアルタイムの実用的な洞察力を提供してきた。これらのソリューションのキャリアグレード・完全仮想化ソリューションの導入は、オペレーターのネットワーク・パフォーマンスを劇的に高め、ユーザー体験を新たなレベルに引き上げ、極度に競争の激しい市場で自らを差別化するための全く新しい機会を生み出す。仮想化による計装は、常に最適化された体験を提供できるインテリジェント・アナリティクスドリブンのネットワークを構築するというこれらのオペレーターの戦略の基本的な要素である」と説明した。

▽Accedianについて
Accedianは、最高のユーザー体験のコントロールのため、エンドツーエンドのネットワーク・パフォーマンスの非常に優れた可視性を提供する。Accedianはネットワークのヘルス状態についての最も完全な現在の見解を提供し、最高の信頼性とサービス品質(QoS)のために必要な実用的な洞察力によって、可視性を劇的に向上させる。Accedianは、ますます複雑化するネットワークのコントロールを可能にし、アジリティーを向上させ、コストを軽減する。最も重要なのは、完全に最適化され、パフォーマンスを保証されたネットワークを通じ、Accedianが最大限の動作可能時間、そして最高のユーザー体感品質(QoE)をプロアクティブに確保することである。

Accedianは2005年以来、世界で数十万のネットワークとサービスを保証し、パフォーマンスを重要な競争力のある差別化要因に変えてきた。リンク 。Twitter: @Accedian (リンク

ソース:Accedian Networks Inc.

▽問い合わせ先
For further information Accedian media contact:
Paul Nolan or Alex Sowden, CCgroup
T: +44 (0)203 824 9200
E: Accedian@ccgrouppr.com or PR@Accedian.com


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事