logo

Webアプリケーション100%自動生成ツール「Web Performer」の最新版を日本とタイで発売 「Web Performer」を活用した『共創型開発』を推進する超高速開発支援サービスの提供開始

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神森 晶久、以下キヤノンITS)は、Webアプリケーション100%自動生成ツール「 Web Performer ( ウェブ パフォーマ )V2.0」を7月1日より発売開始します。



「Web Performer」は、開発現場の生産革新を目指し「短納期」「高品質」「低コスト」をコンセプトに2005年から発売開始し、大手、中堅を問わず、企業内の開発部門やSIベンダーなどさまざまな分野の開発現場で650ライセンス以上の導入実績を誇るWebアプリケーション100%自動生成ツールです。

日本のIT投資において、コスト削減や業務効率化といった「守りのIT」から、ビジネスの価値創造や戦略的IT活用といった「攻めのIT」に注目が集まる昨今、ビジネス部門と開発者が共にシステム価値を創りあげていく共創への変化が求められています。「Web Performer」は、そのようなシステム開発現場のあるべき姿を支援する開発ツールを目指し機能を強化します。また、SIベンダーにも柔軟な導入が可能になる年間利用方式を追加するなど、ライセンス体系も刷新します。

■データグリッド、業務データのグラフ表示機能により、快適な操作性・業務データの可視化を実現
業務の一覧データを、Excelのような形式・操作性で表示するデータグリッド、それを可視化できるグラフ表示の機能を追加しました。システム利用者へ入力効率の向上と数値の“見える化”を実現します。
[画像1: リンク ]

■Webアプリケーションの処理機能をWebサービスとして公開可能
「Web Performer」で作成したWebアプリケーションの機能をWebサービスとして公開できるようになりました。これにより、システム間の連携が強化され、既存の資産の活用や、部品・分散開発など、開発手法の選択の幅が広がり、開発の効率化を実現します。
[画像2: リンク ]

■「Web Performer V2.0 英語版」を海外で販売開始
MAT社( Material Automation (Thailand) Co., Ltd. 本社:タイ王国バンコク都、代表取締役社長:児玉秀郷)を総販売店とし、「Web Performer V2.0英語版」のタイでのライセンス販売を開始します。初年度はタイに拠点をおく日系ユーザ企業とSI企業をターゲットとして、タイ国内における超高速開発の市場開拓を推進し、今後はキヤノンITSのグループ会社を通じて順次海外での販売を拡大していきます。

■『共創型開発』を推進する超高速開発支援サービスの提供
アジャイル開発をベースとした『共創型開発』の超高速開発支援サービスを「Web Performer V2.0」と同時に提供開始します。キヤノンITSは、導入時のコンサルティングから構築、クラウド環境を含めた運用までワンストップで超高速開発を支援します。本サービスにより、ビジネス部門と開発者が一体となり、新たなシステム価値を共創していくアジャイル型の超高速開発が実現できます。

キヤノンITSは、「Web Performer」の機能を継続して拡張することで開発市場を広め、自動生成ツールによる開発の市場拡大を図っていきます。2020年までに50億円(導入支援、システム開発を含む)の売上を目指し、今後も市場の動向やビジネスの変化に対応した機能を追加していく予定です。

<セミナー:進化する超高速開発 「共創」が生む新たな価値>
「Web Performer V2.0」の発売にあたり、7月27日(水)品川・CANON S TOWER にて製品紹介と共創型アジャイル開発の提案セミナーを開催します。
リンク

<MAT社(Material Automation(Thailand)Co., Ltd.)について>
MAT社はタイで20年以上の実績と信頼のあるトータルソリューションインテグレーターです。現地進出日系企業(特に製造業)に向けたソリューション事業(ITインフラ構築、エンジニアリング関連ソフトウエア、生産管理システム)を提案しています。2014年1月にキヤノンマーケティングジャパンのグループ企業となりました。今後もタイを中心にASEAN地域のICTを積極的にサポートしていきます。
リンク

■お問い合わせ先
キヤノンITソリューションズ株式会社
SIサービス事業本部 ソリューション推進センター TEL:03-6741-9181

●Web Performerホームページ
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事