logo

ウルシステムズ、日通情報システムのアジャイル開発チーム立ち上げを支援

~ビジネス変革を推進するITの内製化を可能に~

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原茂、以下、ウルシステムズ)は、日通情報システム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:永瀬裕伸、以下、日通情報システム)のアジャイル開発チーム立ち上げを支援しました。

日通情報システムは日本通運グループの情報サービス会社です。グループ企業の情報システムを開発、運用しています。従来はシステムを新規に開発する際、ウォーターフォール型プロセスを採用してきましたが、ユーザーの要求をより的確に汲み取り、価値あるシステムを短期間で実装するためアジャイル開発手法の導入を決定。基幹システムでのアジャイル開発適用に豊富な実績を持ち、中立的な立場でコンサルティングを行うウルシステムズに支援を依頼しました。

ウルシステムズは、日通情報システムのアジャイル開発推進チームにコーチ役として参加。同チームが受託したグループ会社・日通トランスポート社向けのシステム開発プロジェクトにおいて、アジャイル開発を実践するために必要なスキルやノウハウをOJT形式でチームメンバーに伝えました。3カ月にわたるコーチングの結果、日通情報システムのアジャイル開発推進チームメンバーが主体となってアジャイル開発を実践できるようになりました。

今回のプロジェクトの成果について、日通情報システム 代表取締役社長の永瀬裕伸様は以下のように述べています。

「体系的にアジャイル開発に取り組み、ユーザーのニーズに対して迅速かつ柔軟に対応する手段を獲得できたことは大きな成果でした。ビジネスに変革をもたらすITを実現するには、ユーザーとエンジニアの密なコミュニケーションと試行錯誤が欠かせません。ITの役割が既存業務の電子化から新規業務の創出へと移りつつある今、アジャイル開発の導入は必然と言えるでしょう。今回獲得したスキルとノウハウを活用して、自社で取り組むシステム開発プロジェクトにアジャイル開発手法を積極的に適用していく予定です」

ウルシステムズは今後もユーザー主導のシステム開発を支援してまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。