logo

米国ジョンソン・エンド・ジョンソンと東京大学が理系の女子学生を支援するプロジェクトで連携

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー 2016年06月23日 13時00分
From Digital PR Platform


米国ジョンソン・エンド・ジョンソン(NYSE:JNJ)は、東京大学と、理系分野における女子学生の活躍推進を目的としたプログラムを支援する契約を締結しました。

このプログラムは、東京大学の理系学部に所属する女子学生を対象に新たな賞を新設する「”Rikejo” Initiative」と、女子中高生を対象に理系分野への進路選択を支援する「女子中高生アウトリーチ」の2つのプロジェクトで構成されています。

「”Rikejo” Initiative」では、理系の5学部(理学部、工学部、医学部、薬学部、農学部)から選抜された女子学生に対し、米国ジョンソン・エンド・ジョンソンが、海外研修旅行において、女性トップリーダーとの交流や、最先端の研究施設視察の機会を設ける予定です。「女子中高生アウトリーチ」は、東京大学とジョンソン・エンド・ジョンソンが協働して、東京大学の理系学部の魅力や、大学卒業後の理系キャリアの選択肢とやりがいについて情報を提供するなど、女子中学生、女子高校生に対し、理系への進路選択における支援をします。

ジョンソン・エンド・ジョンソンと東京大学との連携は、ジョンソン・エンド・ジョンソンが世界中の理系分野におけるダイバーシティを推進し、女性リーダーの能力開発を加速させるために実施しているSTEM2D*(ステム・トゥー・ディー:科学、技術、工学、数学、製造、デザイン)プログラムの一環です。現在、東京大学を含む世界の学術機関とパートナーシップを結び、理系分野を専攻する女性を増員するための取り組みや、女性研究者の活躍を支援しています。

東京大学理学部大学院の卒業生でもあるジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー最高執行役員の海老原育子は、「東京大学は、理系分野の研究に関し、日本で素晴らしい実績を重ねておられます。当社は東京大学と連携して、女性研究者や理系分野への進学を目指す女子中高生の皆さんに、教室の外に目を向けた胸弾むユニークな経験を提供できることを大変嬉しく思っております。」と話しています。

東京大学薬学系研究科長・薬学部長の新井洋由教授は、次のように述べています。「このプログラムは、本学学生や本学の理系学部への進学を希望する日本の女子中高生にとって、理系分野での研究が将来どのようなキャリアにつながるかを理解するうえでかけがえのないものとなるでしょう。私たちは、彼女らが理系学部への進学や学問の追究にさらに興味を持つことになると確信しています。私たちは、ジョンソン・エンド・ジョンソンとパートナーシップを締結し、この分野に変化をもたらせることを嬉しく思います。」

ジョンソン・エンド・ジョンソン会長兼最高経営責任者のアレックス・ゴースキーは、「私たちは、健全な経済と安定的な成長を促進することが、自分たちの義務であると感じています。そのためのひとつの方法が、『女性には理系の分野で成功する潜在力があることを、より多くの女性に理解してもらう』ことであると考えています。私たちは、東京大学と協働し、女性卒業生にそれぞれの輝かしい成功を実証していただく機会を得ていることを嬉しく思います。」と話しています。

*STEM2D: Science, Technology, Engineering, Math, Manufacturing and Design

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事