logo

波形同期型サーモグラフィに拡張可能 「PLEXLOGGER(プレクスロガー) PL3」

シナノケンシ株式会社 2016年06月23日 14時09分
From 共同通信PRワイヤー

2016年6月23日

シナノケンシ株式会社

温度分布解析機能を搭載
人とくるまのテクノロジー展2016名古屋に初出展

サーモグラフィとデータロガーとモニタが一体化されているのは業界唯一。
(同社調べ) サーモグラフィの動画映像と波形測定データ(制御信号および電圧・
電流・圧力・振動などの各種センサ信号)の同期記録と、その場での複合解析が
可能です。

最大1,500℃の高温測定も可能とするフィルタ(オプション)も同時リリースし、
2016年7月から製品ラインナップに加え販売を開始します。

※既に「PLEXLOGGER PL3」を所有されているユーザ様もバージョンアップに
より対応可能。


■熱源の放射熱状況の動画映像と波形測定データを複合解析

本製品はサーモグラフィの撮影映像とデータ波形の同期記録を実現し、熱源の
放射熱状況を撮影できるだけでなく、電圧・電流・圧力・振動などの波形測定
データとの複合的な同期解析を可能とします。

「熱源の解析」というテーマを持った研究開発、製造、設備保全などの現場で、
「非接触での熱現象解析」、「温度分布・温度変化の因果関係解析」、現象を
「可視化(見える化)」し、課題解決の効率化を、一層高めること狙いとした
製品です。

(例)
・運動体や回転体など、熱電対(温度計)を取り付けられない物体の温度計測
・物体表面の温度分布や時系列変化の解析
・作動、冷却制御の信号と、温度変化の相関性解析


また、従来モデルの測定可能範囲を上回る最大1,500℃の高温測定も可能とする
高温対応フィルタも同時リリースします。

はんだ・溶接などの接合、鋳造・圧延・鍛造・切削などの成形・加工等、高温度
帯の製造工程における温度測定や熱現象の解析、加工・成型品の評価にも用途の
拡張を見込みます。


■実感できる「現場の使いやすさ」を追求

本体ユニットは、従来モデルのコンパクトサイズ(本体:212mm×257mm×
62.5mm、1.9kg、カメラ:0.67kg)を踏襲し、ノートパソコンのようにどこへ
でも持ち運びが簡単です。

さらに、豊富なトリガ機能で、異常時(設定基準値を外れた時)の映像・波形測定
データをピンポイントで自動的に記録することができるため、記録後に撮影現場で
同期解析が可能です。

関係者による意見交換も現場で迅速に行なえるため、製造業での開発や製造現場の
「効率化」に役立ちます。


【新製品の特長】

・サーモグラフィの映像と各種センサデータを同期して記録し、その場ですぐ再生・
 同期解析が可能。
・サーモグラフィと、ハイスピードカメラの切り替え可能なマルチカメラ機能搭載
 による使い分けが可能。
・測定可能温度 : -40℃ - 500℃
 高温対応フィルタ使用時(オプション) : 400℃ - 1,500℃
・SSD搭載による大容量データの記録(最大記録時間 : 12時間25分)
・持ち運びを重視し、設置や設定が簡単で、見やすい7.5インチ液晶を実装した
 コンパクト設計(本体ユニット:212mm×257mm×62.5mm、1.9kg)
・熱源および温度分布の解析(熱源および変化量測定)ができるPC用ソフトウェアを
 標準添付(Windows版)
・標準添付のPC用ソフトウェアを使い、記録した波形測定データを映像と同期させた
 周波数解析が可能。


【期待される用途】

大学や研究機関における研究開発/電力発電設備・プラント機器/各種製造設備の保全
メンテナンス/電子基板の品質管理および製品の設計・評価/製造現場における製品
および設備の温度管理(はんだ、鋳造、金属切削加工等の製造工程等)/電気機器・
電子部品の発熱・冷却制御評価


【製品カタログ】
以下のURLから製品カタログのダウンロードができます。
リンク


◆「人とくるまのテクノロジー展2016名古屋」に製品初出展

展示会名 : 人とくるまのテクノロジー展2016名古屋
会  期 : 2016年6月29日(水) - 7月1日(金)
会  場 : ポートメッセなごや
ブース番号: 178



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。