logo

実践女子大学短期大学部で「スタディサプリ」を活用したリメディアル教育をスタート

実践女子大学 2016年06月23日 08時05分
From Digital PR Platform


実践女子大学短期大学部(東京都渋谷区、学長:田島眞)では、株式会社リクルートマーケティングパートナーズの協力により、小学生から社会人までの多様な学びを総合的にサポートするオンライン学習サービス「スタディサプリ」を活用した新入生向けのリメディアル教育がスタートした。


 実践女子大学短期大学部は、新入生の基礎学力を向上させるためには「教科教育の復習」と「学習習慣の定着」が不可欠であると考え、これらを有効に行えるe-Learning教材として「スタディサプリ」の導入を決定した。
 学生たちはPCやスマートフォンなどさまざまなプラットフォームで、英語・国語・数学の3教科を中心とするビデオ講義を受講し、定められた課題への回答や学修状況の確認・振り返りをweb上で行うなどして、効率的な自学自習に取り組んでいる。
 「スタディサプリ」の特長である多彩な講座ラインアップにより、学生のレベルに応じた柔軟なリメディアル教育プログラムが提供されている。
 
 本学新入生(日本語コミュニケーション学科103名、英語コミュニケーション学科120名)は、入学時に実施された到達度テストの結果を受けて受講プログラムを決定し、5月9日から授業の空き時間等を利用して、各自、自学自習に取り組んでいる。個々の学生の受講状況は教職員が確認し、学生への声掛けや面談を通して、学習習慣の定着を図っている。

 9月には、到達度検証テストの実施を予定しており、その結果や学修状況の分析を通じて、さらに有効なリメディアル教育の手法を検討・開発していく予定。

●実践女子大学短期大学部ホームページ
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 実践女子学園企画広報部
 TEL: 042-585-8804

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。