logo

上海高級金融学院の金融修士コースがアジアで2位に

上海高級金融学院 2016年06月21日 14時34分
From 共同通信PRワイヤー

上海高級金融学院の金融修士コースがアジアで2位に

AsiaNet 64836(0760)

【上海2016年6月20日PR Newswire=共同通信JBN】上海高級金融学院(Shanghai Advanced Institute of Finance、SAIF)は、フィナンシャル・タイムズ(FT)紙の2016年ベスト・マスターインファイナンス(MF、金融修士)プログラムのランキングにおいてアジアで2位、世界で28位となり、強烈なデビューを果たした。バリュー・フォー・マネー(VFM、金銭の支払いに対する価値)ではアジアで1位、世界では2位となった。

さらにSAIFは、国際的流動性と国際コース体験、博士号を持つ教授団でアジアの同種機関を引き離した。

SAIFは2009年、上海が世界的金融センターに発展するのを支援する目的で、有名な上海交通大学の一部として創立された。世界の主要金融学部、ビジネススクールとの比較で評価される。SAIFが誇る約60人の教授陣は全員が海外の大学で博士号を取得し、40人以上は北米や欧州のトップ級ビジネススクールで終身的地位に就いていた。

金融と経営で世界クラスの研究・高等教育機関を目指すSAIFは、最高の金融の人材を訓練し、研究のための開かれた基盤を築き、特に中国の金融システムに関する問題で先進的シンクタンクになろうと務めている。

SAIFは過去7年間、金融専門の総合教育プログラムの実施で成功を納めた。これには金融修士(MF)、経営学修士(MBA)、エグゼクティブMBA(EMBA)、経営学博士(DBA)、博士、エグゼクティブ・デベロップメント・プログラム(EDP)の各コースが含まれる。

MFコースはSAIFの中心で、2009年秋に初めて学生を受け入れて以来、平均合格率は5%を下回る。

SAIFのMFコースの使命は、超一流の若者に世界的な金融業界での成功に必要な理論知識と専門技能を教えること。この目的に沿って学生には最新の金融理論に基づくカリキュラムを設け、今日の金融職の厳しさを乗り切るための高度な計量分析ツールや、最新の実践的知識・技能を学生に与える。コースは比類ないリーダーシップとコミュミケーション能力、最高水準のプロ意識、模範的な社会的責任感を育むことが重視されている。

2011年に始まったFT紙のMF(未経験者向け)コースのランキングは、ビジネススクールとその卒業生からの情報に従って審査される。審査は給与、VFM、学部や学生の多様性など全部で16項目にわたる。2016年は55校がランキング入りした。SAIFは今年2月に、世界で最も古くて権威のあるビジネススクール認証機関のAACSB International(国際マネジメント教育協議会)によって認証を受け、その後FT紙のランキングに新しく加わった。

SAIFのチュン・チャン執行院長は「FTのランキングは明日の若い人材に最高の金融の教育を施すわれわれの努力を評価し、世界のベストを目指す過程にあるわれわれの実績を認めた」と述べた。

Photo - リンク

ソース:Shanghai Advanced Institute of Finance (SAIF)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。