logo

Nexstreaming Corp(ネクストリーミングコーポレーション)は、コンテンツ東京2016の制作・配信ソリューション展に出展します!

NEXSTREAMING Corporation 2016年06月21日 09時00分
From ValuePress!

モバイルマルチメディア向けのソフトウェア開発を専門とするNexstreaming Corp(所在地・韓国ソウル)の代表取締役であるイム・イルテクが、2016年6月29日から日本の東京で開かれる世界最大規模の「コンテンツ東京2016」にて、360度のモバイルストリーミング映像プレイヤーである「NexPlayer360 SDK」をリリースする予定です

弊社の主力製品すべてをご紹介予定であり、日本事業の拡大を目指します。
モバイルマルチメディア向けのソフトウェア開発を専門とするNexstreaming Corp(所在地・韓国ソウル)の代表取締役であるイム・イルテクが、2016年6月29日から日本の東京で開かれる世界最大規模の「コンテンツ東京2016」にて、360度のモバイルストリーミング映像プレイヤーである「NexPlayer360 SDK」をリリースする予定です。またモバイルマルチメディアエディター「NexEditor SDK」と、これに基づいてリリースされたプロフェッショナルな方向けのモバイル動画編集アプリ「KineMaster」も同時にご紹介します。

この度出展を決めた「コンテンツ東京2016」は、日本のすべてのコンテンツ製作者と製作関係者が一堂に集まる日本最大規模のコンテンツ産業の展示会であります。様々なメディア∙コンテンツ関連の専門家をはじめ、広告業界、コンテンツのライセンスの関係者たちが多く参加するため、様々な分野での協力可能なパートナーを模索することができると期待しています。Nexstreaming Corpは、さらなる事業拡大に向けての活路を探すために、今回の展示会では、弊社の主力製品群である動画プレイヤーと動画エディターの両方を紹介することで、B2Bだけでなく、B2C向けのビジネスモデルも提案予定です。

日本で初めてご紹介させていただく「NexPlayer360 SDK」は、ストリーミングVRコンテンツサービスに最適化された製品であります。またこちらの商品は、既存の日本の顧客各社に提供している「NexPlayer SDK」の技術力をベースに開発されたソリューションです。こちらの実装実績としては、今年4月に韓国の有名通信会社KTと協力して360度の高精細野球ゲームを生中継し、モバイルでも鮮やかな臨場感が可能であることを証明しました。ますます大衆化されつつあるVRトレンドを反映した「NexPlayer360 SDK」に様々なVRコンテンツサービスを実装することができる技術提携などを提供する予定です。
「NexEditor SDK」は、これまでNexstreaming Corpの蓄積されたマルチメディア技術力を集約したソリューションであり、スマートフォンで撮影した動画を迅速かつ多様に編集することができる強力な機能を提供しています。手動、自動カット、フィルタ、テンプレート、アニメーション字幕、背景音の設定などの主要な機能だけでなく、拡大/縮小が可能なサムネイルUIを導入して、さらに精密な編集を可能としています。最近では、LG電子のプレミアムスマートフォン「G5」と中国のスマートフォンメーカーであるジオニの「S8」端末に搭載されており、中国代表のスマートフォンメーカーであるXioMi(シャオミ)の「MIUI8オペレーティングシステム」にも搭載された実績があります。またユーザからも高評なフィードバックはもちろん、すでに同社の主力製品と位置づけられています。この度の展示会では、モバイルビデオサービスプロバイダのための機能を大幅に補強して提供していく予定であり、サービスプロバイダだけでなく、アクションカメラやドローン企業との事業提携も積極的に模索する予定です。

「NexEditor SDK」と同様の専門家向けの動画編集アプリ「KineMaster」も同時に紹介する予定です。「KineMaster」は、既存の動画編集アプリの中で唯一の映像編集のための様々な機能はもちろん、詳細な設定までを可能にし、編集者が思いどおりの映像を作り出すことができるアプリです。すでに全世界1000万の累積ダウンロード数を突破しています。またGooglePlayのお勧めアプリとして世界中で幾度となく選ばれており、イギリスのガーディアン紙にも「KineMaster」の主要な機能が紹介された実績があります。今回の展示会では、「NexEditor SDK」と同時に紹介することで、B2BとB2Cの両方からのご提案ができることを期待しています。特に「KineMaster」のさらに強化されたマルチレイヤー、クロマキーなどの機能を集中的にアピールすることで、携帯端末上でも多様な専門分野の編集機として利用可能であることを証明いたします。これらの機能は、一般的な編集者はもちろん、映像制作の専門家、ジャーナリスト、教育映像制作関係者からの注目を集めるものと期待しており、日本の顧客各社との事業提携に加え、専門メーカーに供給しているアフィリエイトパートナーまで見つけることができる機会を見つけると期待しています。
Nexstreaming Corpの代表取締役であるイム・イルテクは『現在までは日本国内のB2B動画プレイヤー市場に集中したが、今回の展示会を契機に、今後はB2BとB2Cを網羅するエディターの市場まで大幅に拡大するだろう』と表明し、『特に「KineMasterボリュームライセンス」顧客の獲得に注力して今年中に可視的な成果を出すことが目標』と続いて話している。
Nexstreaming Corpのマルチメディアエディタ/プレイヤーの詳細については、6月29日から7月1日までにコンテンツプロダクトツールゾーン[8-68]で確認して頂けます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事