logo

テックファーム、『国際ホテル旅館フェア2016』へ出展 ホテルや旅館の業務支援ソリューションをご提案

テックファームホールディングス 2016年06月20日 20時56分
From PR TIMES

2016年6月21日(火)~22日(水)東京ビッグサイトにて開催

テックファームグループのテックファーム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 千原信悟)は、2016年6月21日(火)・22日(水)に東京ビッグサイトにて開催される『国際ホテル旅館フェア2016』へ出展します。当日は客室設置型タブレット『ee-TaB*(イータブ・プラス)』や『ロボット業務活用パック』、インカムアプリやBeaconプラットフォームなどを展示し、ホテル・旅館の運営やウェディングなどのイベントで活用可能なITソリューションをご提案します。

■ 『国際ホテル旅館フェア 2016』出展概要
【日時】
2016年6月21日(火)10:00~17:00
2016年6月22日(水)10:00~17:00

【会場】東京ビッグサイト 西2ホール(テックファーム展示ブースはH-16)

【当社の出展内容】
1.客室設置型タブレット『ee-TaB*(イータブ・プラス)』
ホテルや旅館の客室にタブレットを設置し、多言語コンテンツを配信するサービスです。主なコンテンツは館内案内、天気、専用グルメ検索アプリ、観光スポット案内や、動画、電子書籍・地域コンテンツなど。 現在全国 9 ホテル、全 1,649 室に導入されています。
※本サービスは株式会社ミライトと業務提携の上で提供しています。
2.『ロボット業務活用パック』
ホテル館内の施設やイベントの集客や販促を目的として、ソフトバンクロボティクス社の提供する『Pepper』(※)の台詞や動きの設定をした上で提供をしています。これまで都内ホテルでの導入実績があります。
※本件はソフトバンクロボティクスが開発・提供する『Pepper』を活用し、当社が独自に実施するものです。
3.インカムアプリ
ホテルの運営業務やイベント会場などで活用が可能。スマートフォンにインストールすることで高音質の通話ができるインカムアプリです。ハンズフリー操作が可能で、複数人が同時に話すことができるのが特長です。
4.Beaconプラットフォーム
敷地が広い大規模ホテルなどで活用できます。Beacon端末同士を無線通信させることでIoT サービスの運用・管理の負担を削減するプラットフォームです。

■ (ご参考)『国際ホテル旅館フェア2016』の運営について
『国際ホテル旅館フェア2016』はブライダル産業新聞社により運営されています。
【公式webサイト】リンク

■ テックファーム株式会社について
<所在地>
東京都新宿区西新宿3丁目20番2号 東京オペラシティタワー23F
<代表者>
代表取締役社長 千原 信悟
<創立>
1991年8月30日
<設立>
2015年7月1日
<資本金>
100,000,000円(2016年3月末)
<事業内容>
システム・サービスコンサルティング、業務支援向けシステムソリューションの開発・運用・保守、モバイル広告からサーバ・ネットワークインテグレーションまで、ワンストップでITソリューションを提供
<URL>
リンク

■ テックファームホールディングス株式会社について
<所在地>
東京都新宿区西新宿3丁目20番2号 東京オペラシティタワー23F
<代表者>
代表取締役社長 CEO 永守 秀章
<創立>
1991年8月
<資本金>
953,411,700円(2016年3月末現在)
<事業内容>
自社サービス事業とシステムインテグレーション事業を併せ持つ、付加価値創造型モバイルソリューショングループとして、システムインテグレーションのテックファーム株式会社、カジノ施設向けモバイル決済ソリューション開発のPrism Solutions Inc.、自動車アフターマーケット向けパッケージソリューションの株式会社EBEの4社により構成
<URL>
リンク

※ 記載の商品名、サービス名及び会社名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。