logo

白鳥真太郎 写真展『貌・KAOII 白鳥写真館 これから・・・』開催のお知らせ

キヤノンMJ 2016年06月20日 18時00分
From PR TIMES

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘)は、2016年7月29日(金)から8月7日(日)まで和光ホール(所在地:東京都中央区)にて開催される白鳥真太郎氏による写真展『貌・KAOII 白鳥写真館 これから・・・』に協賛します。
展示作品はすべてキヤノンの大判インクジェットプリンター「imagePROGRAF PRO-4000」でプリントされています。



[画像: リンク ]



■ 概要
○開催日程:2016年7月29日(金)~8月7日(日)
○開館時間:10時30分~19時00分 (※最終日17時00分まで)
○開催会場:和光ホール(住所:東京都中央区銀座4丁目5-11 和光 本館6階)
○入場料:無料

■ 展示内容
本展は、広告写真家、白鳥真太郎氏による写真展です。
白鳥氏は、長野県松本市で100年以上の歴史を刻んできた『白鳥写真館』の四代目として生まれ、大学卒業後、広告写真家としての道を選び、1999年にはその時代を代表する120人のポートレートを撮影し、写真集『貌 KAO 白鳥写真館』として出版しました。
17年を経て、今回は各分野で活躍を続ける100人を撮影し、ポートレートにインタビューを添えて、写真集『貌・KAOII 白鳥写真館 これから…』としてまとめました。
本展では、写真集に収めた100点の写真を展示し、写真館の遺伝子が生み出すポートレート撮影の真価をお届けします。
本展の展示作品は、コア技術を刷新し高画質を追求したキヤノンの大判インクジェットプリンター「imagePROGRAF PRO-4000」でプリントされています。

■ 作家プロフィール
白鳥 真太郎(しらとり しんたろう)

国立千葉大学工学部写真工学科卒業後、株式会社資生堂宣伝部写真部、株式会社博報堂写真部(現・株式会社博報堂プロダクツ)を経て、1989年に独立、白鳥写真事務所を設立。
1993年 写真集『白鳥写真館』発刊。
1999年 写真集『貌 KAO 白鳥写真館』発刊。

公益社団法人日本広告写真家協会(APA)会長、日本写真家協会(JPS)会員、公益社団法人日本写真協会顧問、一般社団法人日本写真著作権協会副会長、国立千葉大学客員教授

【受賞歴】
ADC制作者賞、APA賞、毎日広告デザイン賞最高賞、日経広告賞グランプリ、読売広告大賞金賞、朝日広告賞、APAアワード経済産業大臣賞、ACC全日本CMフェスティバル金賞、ほか受賞歴多数。

▼キヤノンの大判インクジェットプリンター「imagePROGRAF PRO-4000」
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。