logo

セキュリティコラム第7回Office365ログインのワンタイムパスワード化を実現! クラウド環境をよりセキュアに

DSolはセキュリティコラム第7回「Office365ログインのワンタイムパスワード化を実現! クラウド環境をよりセキュアに」を公開しましました。

###
最近 ランサムウェアによりPCがロックされたり、ファイルが暗号されたりするような被害が増えてきております。Webサイトを見ただけで感染してしまうなど攻撃手法が巧妙化し、単純なウィルス対策だけでは防ぎきれないということで、管理者の方が今後のセキュリティ対策を検討されるケースが増えてきております。

クラウドファーストとしてメールサーバやグループウェアをクラウドに移行されるケースも増えており、クラウド環境のセキュリティ対策も検討課題の1つになります。
特に最近ニーズとして増えてきているのがOffice365のセキュリティ強化になります。

クラウドでのサービスはどこからでもアクセス出来るという利便性がありますが、逆にIDとパスワードだけの入力でログインする場合にセキュリティが気になる企業は多く、セキュリティ強化についての要望が増えているのが現状になります。

当然 社内と同じようにADでID管理を実施されている企業も多いですが、どうしても単純な固定IDとパスワードでは他のサービスと使い回しなどでパスワードを推測され、不正アクセスをされるケースもあります。

そこで注目されているのがワンタイムパスワードという毎回パスワードが変わる仕組みで、以前から弊社でおすすめしているブラウザさえあれば利用出来るワンタイムパスワード製品(PassLogic)になります。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。