logo

標的型ウイルス「PlugX」にも対応 ホワイトリスト方式の標的型攻撃対策ソリューション「LumensionアプリケーションコントロールV4.6 SR3」を発売

株式会社アイユート 2016年06月17日 10時00分
From ValuePress!

株式会社アイユートは、ホワイトリスト方式の標的型攻撃対策ソリューションの新バージョン「Lumensionアプリケーションコントロール V4.6 SR3」を、本日より販売開始いたします。今週話題となった標的型ウイルス「PlugX」にもデフォルトで対応可能なソリューションです。

株式会社アイユート《東京都武蔵野市中町1-22-5》は、ホワイトリスト方式の標的型攻撃対策ソリューションの新バージョン「Lumensionアプリケーションコントロール V4.6 SR3」を、本日より販売開始いたします。今週話題となった標的型ウイルス「PlugX」にもデフォルトで対応可能なソリューションです。

■Lumensionアプリケーションコントロールとは
「Lumensionアプリケーションコントロール」は、未知や新種のウイルスやそれらによる情報漏洩のリスクに対して、システム内の実行ファイルをホワイトリストで制御することによって対策する、ホワイトリスト型のセキュリティソリューションです。ネットワーク内の全てのWindows端末をホワイトリストで保護することにより、標的型攻撃・ゼロデイ攻撃によるウイルスを無効化し、セキュアなネットワーク環境の維持を実現します。オフィスネットワークを始め、勘定システムや流通システム、POSや組み込みシステム等で幅広く活用されています。

■標的型攻撃を未然に防ぐホワイトリスト型対策
標的型攻撃とは、官公庁や企業など特定の標的を狙うゼロデイ型のサイバー攻撃です。今週話題となった大手旅行代理店に対する標的型攻撃では、取引先のメールアドレスを偽装した「お客様の航空券の確認」というタイトルのメールでウイルスが送り付けられたとされています。業務上よく使うメールのアドレスやタイトルが漏れていたということは、もっと以前からPCが攻撃者に監視されていたと考えられます。今回見つかった2つのウイルス「ELIRKS」と「PlugX」のうち、特に「PlugX」は、標的によってカスタマイズされたものが最近のサイバー攻撃で特に多く使われているものです。手口が巧妙化するこの手のサイバー攻撃には、ルールの徹底やアンチウイルスソフトの導入だけで対抗することは難しく、ホワイトリスト型対策の導入によって、ウイルスの活動を未然に防ぐことが重要になります。

■Lumensionアプリケーションコントロール.4.6 SR3の主な特長
□ホワイトリストでアプリケーションの実行制御
□標的型・ゼロデイ型攻撃による情報漏洩対策
□不正なプログラムの持ち込み・書き換え等の防止
□Windows10に対応
□Windows 2000・XP端末の保護に対応
□マクロ・スクリプトの実行制御
□URLホワイトリスティング
□運用トレーニング、導入支援等、ユーザ環境に合わせた導入が可能
製品詳細:リンク

本製品は、Lumension社の開発製品であり、北米やヨーロッパの警察・捜査機関や軍隊、政府機関、国際機関、金融・保険機関等に多くの導入実績を持つ、“信頼できる情報漏洩対策ソフトウェア”として定評があります。国内では株式会社アイユートが窓口となり販売いたします。

(平成28年6月17日)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事