logo

全国12万人のクルーの中から選ばれた、もうひとつのリオデジャネイロオリンピック マクドナルド『オリンピック・チャンピオン・クルー』日本代表

日本マクドナルド株式会社 2016年06月15日 16時19分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、2016年8月16日(火)~8月21日(日)(現地時間)まで、第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)へ派遣する、マクドナルド『オリンピック・チャンピオン・クルー※』日本代表9名を決定しました。

マクドナルド『オリンピック・チャンピオン・クルー』は、世界中のマクドナルドから選抜されたトップクラスのクルーたちが、オリンピック・ビレッジ内に出店するマクドナルド特別店舗でオペレーションを体験する、公式レストランならではの独自プログラムです。世界共通の「スマイル」を合言葉に、選手やコーチ、メディアの方々を始め多くの皆様に、慣れ親しんだマクドナルドの食事やサービスの提供を通して、オリンピックの舞台裏を支えます。

マクドナルド『オリンピック・チャンピオン・クルー』日本代表9名は、全国12万人のクルーの中から厳正な審査を勝ち抜き選出された、日本人らしいおもてなしの心と高い技術を持った精鋭メンバーです。正確で美味しくポテトを提供できる「ポテトの達人日本代表」(東京都)や、最高のスマイルを持つ「スマイル日本代表」(広島県)、震災に負けず2人のお子様を育てながら日本最高のフロアサービスを提供する「主婦クルー日本代表」(大分県)など、北海道から沖縄、年齢は18歳から39歳まで個性派揃いの9名が各国のクルー代表と共に、最高のホスピタリティを提供いたします。

※マクドナルドでは、店舗で働くアルバイトをクルーと呼んでいます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。