logo

会計事務所向けの記帳代行支援サービス『丸投げ記帳代行』を提供開始 -約200万社※の中小企業の会計・税務業務を支援する会計事務所の業務効率化をサポート、顧問先企業の決算早期化等を実現-



財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売する株式会社ミロク情報サービス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:是枝周樹 以下、MJS)は、子会社であるクラウドインボイス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:上田 隼 以下、クラウドインボイス社)と協業し、会計事務所向け記帳代行支援サービス『丸投げ記帳代行』を7月1日より提供開始します。これにより、全国約200万社の中小企業や個人事業主の会計・税務業務を支援・代行する会計事務所の業務効率化をサポートし、会計ソフトを導入していない顧問先企業の決算早期化などを実現します。
 『丸投げ記帳代行』は、会計事務所が顧問先企業から預かったさまざまな証憑(請求書・領収書・通帳など)を郵送または画像ファイル形式で受け取り、仕訳データに変換して会計事務所に提供する新たなサービスです。会計事務所がご利用の会計ソフトから仕訳データを容易に取り込むことができますので、全ての会計事務所において本サービスを利用することが可能です。なお、MJSが開発・提供している会計事務所向けの『ACELINK NX-Pro会計大将』は、画面上に専用メニューを用意しているため、よりスムーズに業務効率化を図ることができます。
 MJSは会計事務所に対して、顧問先企業の自計化を推進するための会計ソフト(『iCompass会計』や『ACELINK NX記帳くん』)を提供し、双方の業務効率化を支援しています。今回、クラウドインボイス社と共に『丸投げ記帳代行』のサービスを開始することにより、さらなる会計事務所の業務効率化を支援します。今後も、MJSグループとして、会計事務所の業務効率化や顧問先企業への付加価値サービスの提供を支援する製品・サービスの開発・提供を推進してまいります。
※ 約200万社の中小企業:約260万社の中小企業に対する税理士の関与割合87.7%から推計。

<記帳代行サービスの流れ>
[画像1: リンク ]


■ 『丸投げ記帳代行』の特長
1. 導入や運用の手間がかかりません
 最初にお送り頂く1年分の過去仕訳データを参照して仕訳を作成しますので、詳細な指示書がなくても、適切な勘定科目・部門・補助科目にて仕訳データを作成します。

2. 『ACELINK NX-Pro会計大将』やその他の会計ソフトと連携します
 『ACELINK NX-Pro会計大将』の専用メニューを利用することにより、初めて委託する際の過去仕訳データの作成や受領した仕訳データの取り込みをスムーズに行うことができます。また、その他の会計ソフトをご利用の場合でも、仕訳データを容易に取り込むことができます。

3. 99%を超える変換精度を保ち、広範な証憑類に対応します
 独自の技術を活用してレシートなどの会計証憑に機械変換を行った上で、会計知識のある国内の担当者が仕訳を確認するなど、常にダブルチェックを行うため、変換精度は99%を超えます。また、レシートや通帳・出納帳以外に、エクセル等の電子データや売掛帳・買掛帳、請求書やレジ伝票などにも対応します。

4. 独自の技術を活用するため短期間での納品が可能です
 仕訳データを作成する際に独自技術を活用するため、1顧問先あたり5,000仕訳以内であれば、各種証憑が到着後、原則5営業日以内に仕訳データを納品することができます。

5. 複数年度に渡る会計証憑も受入可能
 1年分以上の会計証憑でも纏めて承ることができます。その際にも仕訳枚数に掛かる基本料金以外の特別な料金は発生しません。

■ サービス開始時期 2016年7月1日(金)
■ サービス概要 リンク
■ 料金体系(税抜) 「ビギナー」・「スタンダード」・「プレミアム」の3つのプランがあります。
[画像2: リンク ]

※その他、各種オプションサービスがあります。

■ 株式会社ミロク情報サービス(MJS)について  (リンク
 全国の会計事務所と中堅・中小企業に対し、経営システムおよび経営ノウハウならびに経営情報サービスを提供しています。現在、約8,400の会計事務所ユーザーを有し、財務会計・税務を中心とした各種システムおよび経営・会計・税務等に関する多彩な情報サービスを提供しています。また、中堅・中小企業に対して、財務を中心としたERPシステムおよび各種ソリューションサービスを提供し、企業の経営改善、業務改善を支援しています。現在、約17,000社の中堅・中小企業ユーザーを有しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事