logo

4年間最大約500万円を免除 返還不要の「Special奨学金」を実施 -- 東京福祉大学

東京福祉大学 2016年06月16日 08時05分
From Digital PR Platform


AO入試枠・推薦入試枠・一般教科型の上位合格者50名の4年間の授業料・施設設備費を全額免除。


 東京福祉大学では、2017年度入試より、新たに「Special奨学生入試」を実施する。これは、同大に入学を希望する方への経済的支援に加え、将来教育・心理・福祉・保育分野で活躍できる優秀な人材の育成をめざし、その学習機会の支援を目的としている。

 「Special奨学生」は、AO入試1期(AO入試枠)および公募制学校推薦入試1期(推薦入試枠)の上位合格者、12月17日に新設する「Special奨学生入試(一般教科型)」の成績上位者を奨学生として採用し、4年間の授業料・施設設備費(112万5000円×4年間=450万円)を全額免除するほか、アメリカ・ハーバード大学を始めとする海外短期留学に半額免除(約50万円)で参加できる制度。

 この奨学金は、50名の採用を予定しており、返還の必要はない。

※出願方法・入試については、東京福祉大学の公式サイトの「Specil奨学生入試」ページ ( リンク )をご確認ください。

▼本件に関する問い合わせ先
 東京福祉大学 池袋キャンパス入学課
 TEL: 03-3987-6602

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。