logo

人気の丼商品がお値打ち価格330円にプライスダウン 「7種の魚介だれ すしやの天丼」「イベリコ豚丼」

株式会社くらコーポレーション 2016年06月15日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年6月15日

株式会社 くらコーポレーション

人気の丼商品がお値打ち価格330円(税抜)にプライスダウン
「7種の魚介だれ すしやの天丼」「イベリコ豚丼」
6月17日(金)から全国のくら寿司にて

 回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営する株式会社くらコーポレーション(代表取締役社長:田中邦彦 所在地:大阪府堺市)は、6月17日(金)から、人気の丼商品である「7種の魚介だれ すしやの天丼」を従来の400円(税抜)から値下げし、330円(税抜)で提供します。さらに、累計300万杯販売の人気商品「イベリコ豚丼」についても、同じく330円(税抜)に価格を改定し、再販売します。

 「7種の魚介だれ すしやの天丼」は、えびやいか、イトヨリダイなど、すし屋ならではの厳選した魚介を贅沢に使用。さらに、注文を受けて調理し、揚げたてをオーダーレーンでお届けすることで、出来たてのサクサクとした食感をお楽しみいただけます。7種類の魚介をブレンドした自家製だれをかけることで、魚介の風味を生かしながら、あっさりとした後味を実現しました。
「イベリコ豚丼」は、イベリコ豚の中でも最高品種の「ベジョータ」のみを使用。特製だれにつけこんだ「ベジョータ」のバラ肉を、ごはんの上にのせ、ネギ、半熟たまごをトッピングし、アナゴエキスの入ったたれをかけた丼メニューです。「肉の脂が甘く、さっぱりと楽しめる。」と、女性を中心としたお客様からご好評をいただき、2014年3月の発売当初から人気商品として、累計300万杯を販売しました。「ベジョータ」の良質な脂身に、アナゴエキスの入ったたれが絡み合い、絶妙にマッチする肉丼です。

 今回の価格改定により、「7種の魚介だれ すしやの天丼」や「イベリコ豚丼」は、平日限定商品のかけうどん(130円・税抜)と組み合わせると、合計460円(税込496円)で召し上がっていただけます。これを機会に、満足度の向上はもちろん、まだご利用されたことがないお客様にも、くら寿司の、「専門店にも負けない本格的なおいしさ」を知っていただければと考えています。

≪販売商品概要≫ 
商品名/価格 「7種の魚介だれ すしやの天丼」 /  330円(税込356円)
       「イベリコ豚丼」        /  330円(税込356円)

※全国の「無添くら寿司」(368店舗、6月15日現在)にて販売
※お持ち帰り可(一部店舗では不可)
※一部の店舗では価格が異なります。
※「7種の魚介だれ すしやの天丼」は一部の店舗では販売しておりません。

≪くら寿司のこだわり:天ぷらは注文を受けてから調理し、出来たてを提供≫
 「7種の魚介だれ すしやの天丼」は、えび2尾に加え、いか、イトヨリダイ、大葉、のりの計5種と、すし屋ならではの厳選した素材を贅沢に使用。また、天ぷら粉は、たとえ時間がたってもサクサクとした食感が残るほど、ブレンドにこだわっています。注文を受けてから天ぷらを調理し、オーダー専用レーンを使うことで、テーブルまで素早くお届けします。本商品は、2013年4月の発売から、現在も人気のレギュラー商品です。本商品の発売を契機に、丼メニューの拡充に取り組み、「7種の魚介だれ すしやのうな丼」「イベリコ豚丼」など、人気メニューが次々に誕生しています。

≪イベリコ豚丼:全体のわずか数%、イベリコ豚の中でも最高品種「ベジョータ」を使用≫ 
 「ベジョータ」はスペイン語で「どんぐり」の名の通り、どんぐりを主食に既定の大きさまで育てられた豚のみが認定され、どんぐりに含まれる成分から、豚肉でありながらオレイン酸を多く含んだ肉質が特徴です。年により収穫量が変わりますが、イベリコ豚全体の数%と、希少な豚肉です。そして、生ハム「ハモン・イベリコ」でも最高の産地として名高い、アンダルシア州ウエルバ県「ハブコ村」産の商品のみを使用。口に入れた瞬間溶ける素晴らしい脂を持ち、甘味がありしつこくない、噛むと肉汁と溶けた脂がいっしょに混じった、特有の味わいになります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事