logo

Windows Server 2016の新機能、コンテナーを理解する

CTC教育サービスはコラム「Windows Server 2016の新機能、コンテナーを理解する 」を公開しました。

###
前回の記事では、Windows Server コンテナーとHyper-V コンテナーを動かす環境の構築方法を紹介したので、今回はこれらのコンテナーの動きについて解説していきます。

この記事では、コンテナー ホスト/Windows Server コンテナー/Hyper-V コンテナーの3つの環境に対して、それぞれに接続した3つのPowerShellウィンドウを同時に起動しています。 また、この後のスクリーンショットをわかりやすくするため、PowerShellウィンドウの背景色を
コンテナー ホストは紺、
Windows Server コンテナーは赤、
Hyper-V コンテナーは緑
に設定しています。

fig01

プロセスの関係を理解する
最初に、作成済みの2種類のコンテナーを起動します。先の記事のとおりStart-Containerコマンドを使って起動し、Get-Containerコマンドを実行してStateがRunningであることを確認してください。

fig02

既に起動しているコンテナー ホストを入れると3つの環境が起動していることになります。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。