logo

新提案「セパレートサウンドバーコンセプト」のコンパクトフロントスピーカーにより映画やテレビ放送、音楽などのコンテンツを明瞭で広がりのある音で楽しめるスリムサブウーファー搭載のスピーカーシステムを新発売

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社 2016年06月13日 13時20分
From PR TIMES

~著作権保護技術“HDCP 2.2”や最新の映像規格“HDR※1”、Bluetooth(R)無線技術にも対応~

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:大瀧 正気)は、コンパクトなフロントスピーカーとスリムデザインのサブウーファーにより、臨場感のある音で映画や音楽を楽しめるパイオニアブランドのコンパクトフロントスピーカーシステム「HTP-CS1(B)」を発売します。本機は、テレビや置台のサイズ・デザインが変化する中、“テレビ周りにすっきりとセッティングできるシステムで映画や音楽を臨場感のある音で楽しみたい”という基本的なニーズを捉えなおし、バータイプの一体型フロントスピーカーを分離・小型化することで、すっきりとセッティングする「セパレートサウンドバーコンセプト」を新たに提案する商品です。



[画像1: リンク ]



商品名:コンパクトフロントスピーカーシステム
型番:HTP-CS1(B)
希望小売価格:オープン価格
発売予定時期:6月下旬

 本機の2本のコンパクトなフロントスピーカーは、リモコン受光部を隠すことなくテレビ画面下の置台とのスペ
ースなどに設置可能で、ケーブルも目立たずに配線できるので、さまざまなテレビのデザインになじむすっきりとしたセッティングができます。サブウーファーは縦置き・横置きを選べる※2仕様にすることで、テレビ周りのスペースに応じて設置できるとともに、さまざまなテレビや置台のサイズ・デザイン、インテリアと調和するスリムデザインを採用しており、テレビ周りにすっきりとセッティングできます。また、長年のホームAV製品作りで培った技術と専用の音質チューニングにより、高域から低域までバランス良く再生することが可能となり、映画だけでなく、テレビ放送や音楽を明瞭で広がりのある音で楽しめます。さらに、4K映像信号(4K/60p)や3D映像の伝送に対応したHDMI端子を装備(3系統)するとともに、著作権保護
技術“HDCP 2.2”に対応しており、4K映像機器と接続することで4Kの高画質映像を楽しめます。最新の映像規格
“HDR”にも対応しており、“HDR”対応の4K映像機器と接続すればより高画質な映像を楽しめます。

【主な特長】
■「セパレートサウンドバーコンセプト」によるテレビの周りにすっきりセッティングできるシステム
・2本のコンパクトなフロントスピーカーとハイパワーアンプ(L+R:20W+20W、SW:40W)を内蔵したサブ
 ウーファーによる2.1ch構成を採用しています。フロントスピーカーは、リモコン受光部を隠すことなくテレビ
 画面下のテレビ置台とのスペースなどに設置可能で、ケーブルも目立たずに配線できるので、さまざまなテレビ
 のデザインになじむすっきりとしたセッティングができます。縦置き・横置きを選べるサブウーファーはテレビ
 周りのスペースに応じて設置できることに加え、さまざまなテレビや置台のサイズ・デザイン、インテリアと調
 和するスリムデザインを採用することで、テレビ周りにすっきりとセッティングできます。
[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]

■映画だけでなく、テレビ放送や音楽を楽しめる高音質機能の搭載と専用の音質チューニング
・マルチチャンネルコンテンツのソースに由来する低音のズレを補正できるパイオニア独自の「フェイズコントロ
 ール」機能を搭載していることに加え、単品コンポーネントの技術者による本格的な音質チューニングを施して
 おり、人の声の明瞭な再生とともに、高域と低域の自然なつながりを実現します。映画はもちろん、ドラマやニ
 ュース番組などのテレビ放送、音楽など、さまざまなコンテンツにおいて、高域から低域までバランスの良い、
 明瞭で広がりのある音で楽しめます。
・バランスの良い自然な響きが楽しめる「ステレオ」モード(工場出荷時)、アナウンサーの声などをより明瞭に
 する「ニュース」モード、迫力ある低音と広がりのある音で映画やゲームに最適な「映画/ゲーム」モード、ラ
 イブ感のあるサウンドが楽しめる「ミュージック」モードなど、さまざまなコンテンツを楽しむためのリスニン
 グモードを搭載しています。

■最新規格に対応したHDMI入力端子と拡張性の高い4K映像対応
・4K映像(4K/60p)や3D映像の伝送に対応した3系統のHDMI入力端子を装備していることに加え、4K映像信
 号の伝送に必要な著作権保護技術“HDCP 2.2”に対応しており、4K映像機器と接続して4Kの高画質映像を楽し
 めます。最新の映像規格でUltraHDブルーレイに採用された“HDR”にも対応しており、“HDR”対応の4K映像機
 器と接続することでより高画質な映像を楽しめます。
・ARC※3(Audio Return Channel)に対応しており、対応のテレビとHDMIケーブルで接続することで、本機
 でテレビ放送の音声を手軽に楽しめます。

■スマートフォンの音楽をワイヤレス再生できるBluetooth(R)無線技術搭載
・スマートフォンなどのBluetooth(R)対応機器と接続して、音楽やインターネットラジオをワイヤレス再生※4で
 楽しめます。また、“Qualcomm(R)aptX™”と“AAC”の高音質コーデックに対応※5しているので、ワイヤレス再
 生でも質の高い音質で音楽を楽しめます。

■その他の特長
・ロスレスサウンドの“ドルビーTrueHD”、“DTS-HD”や“MPEG2-AAC”など、多彩なフォーマットに対応。
・直感的に操作できるようシンプルにデザインされた「かんたんリモコン」搭載。
・各社テレビメーカーのリモコンから基本操作を行える「HDMI CEC機能※6」対応。


※1 HDRとは、映像の最大輝度を拡張する技術。“ULTRA HD Blu-rayTM”規格ではHDR技術を使用して、最大輝
  度を100nitから10,000nitに拡張。
※2 本機を設置する場合には、壁から5 cm以上の間隔をおいてください。また、放熱をよくするために、他の機
  器との間は少し離して設置してください。
  ラックなどに入れるときには、本機の天面から10 cm以上、背面から5 cm以上、側面から5 cm以上のすきま
  をあけてください。内部に熱がこもり、火災の原因となることがあります。
※3 ARC対応のテレビとの接続時。ARC非対応で光デジタル音声出力があるテレビの場合、別売の光ケーブルでの
  接続が必要です。HDMI入力、光デジタル音声出力、アナログ音声出力のいずれにも対応していないテレビに
  は接続できません。
※4 本機でBluetooth(R)無線技術搭載機器の音楽を再生するには、Bluetooth(R)無線技術搭載機器がプロファイ
  ル:A2DPに対応している必要があります。すべてのBluetooth(R)無線技術搭載機器との接続動作を保証する
  ものではありません。
※5 接続する端末側もQualcomm aptX/AACに対応している必要があります。
※6 当社が動作確認している他社製機器(2016年4月現在) :パナソニック製のビエラリンク対応テレビ、プレー
  ヤー、レコーダー/東芝製のレグザリンク対応テレビ、プレーヤー、レコーダー/ソニー製のブラビアリンク
  対応テレビ/シャープ製のAQUOSファミリンク対応テレビ、プレーヤー、レコーダー。テレビとレコーダー
  (プレーヤー)のメーカーが異なる場合、連動動作は保証外です。各機器の設定などによって動作しない場合
  もあります。「HDMI CEC機能」と互換性のある他社製品であっても、すべての連動動作を保証するものでは
  ありません。

* Bluetooth(R)ワードマークは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標です。
* Qualcomm aptXはクアルコム・テクノロジーズ・インターナショナル株式会社の製品です。Qualcommは
  米国および他の国々で登録されたクアルコム社の登録商標で、許可を得て使用しています。aptXはクアルコ
  ム・テクノロジーズ・インターナショナル株式会社の登録商標で、米国および他の国々で登録され、許可を得
  て使用しています。
* HDMI(R)は、HDMI Licensing LLCの商標です。
* 本機は、「フェイズコントロール」技術を採用しています。本技術を適用した製品にはフェイズコントロール
  マークが付与されます。「フェイズコントロール」技術とは、ソフト制作時や再生時に発生する「低音のズ
  レ」(時間の遅れ、および位相のズレ)を解消する技術です。
* 「Pioneer」および「Pioneer」ロゴ、「フェイズコントロール」および「フェイズコントロール」マークは、
  パイオニア株式会社の商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
* Dolby、ドルビー、およびダブルD記号は、ドルビーラボラトリーズの登録商標です。AACロゴはドルビーラ
  ボラトリーズの商標です。
* DTS、DTS-HD、記号、およびDTSまたはDTS-HDと記号の組み合わせはDTS社の登録商標です。(C)DTS社
  不許複製。
* その他の会社名、商品名、技術名、トレードマークおよび商号は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事