logo

みんなの森プロジェクト 子どもたちの『おうちバコ』が森になる!

エースホーム株式会社 2016年06月09日 10時10分
From 共同通信PRワイヤー

2016年6月9日

エースホーム株式会社

「おうちバコ」で夢の家をつくって
東日本大震災の被災地に苗木を届けよう!
2016年6月1日(水)~8月31日(水)開催!

 エースホーム株式会社(代表取締役社長:押谷 敏樹、本社:東京都新宿区)は、6月1日(水)から8月31日(水)まで、全国の加盟店で親子向けのイベント
「みんなの森プロジェクト 子どもたちが『おうちバコ』をつくると森になる!」
を開催いたします。
リンク

 当社が取り組む森林保全活動「みんなの森プロジェクト」と連動して植林を実施する企画は、親子で楽しく参加できるイベントとして、2009年に開始。年々新たな加盟店が増え、開催地域を拡大してきました。東日本大震災発生以降は、被災地復興支援として、岩手県宮古市にこれまで288本の苗木を植林しています。
 8回目の開催となる今年は、女性ハンドメイド作家のユニット「小屋女子計画*」とのコラボレーション企画として、加盟店で「おうちバコ」づくりができる参加費無料のイベントを行い、期間中、各加盟店で参加予約を受け付けます。

 「おうちバコ」は、段ボールでできたキットを組み立て、さまざまな材料で自由に装飾する「小屋女子計画」の企画で、自分らしい「夢の家」づくりを楽しむことができます。今回、イベントで完成した「おうちバコ」ひとつにつき苗木1本を、岩手県宮古市に植林します。
 子育て世代の家づくりを応援する当社は、「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)ビルダー」登録事業者として環境に配慮した商品開発に取り組んでおり、低炭素社会の実現に寄与していきたいと考えています。
 今回のイベントでは、子どもたちに楽しみながら環境貢献をする機会を提供するとともに植林の持続的な活動を行います。
 これからも、子どもたちと地球環境の未来がともに豊かになることを願い、環境配慮型の住宅・暮らしの提案と、「みんなの森プロジェクト」を実施してまいります。

【 開催概要 】
● 名 称:みんなの森プロジェクト 子どもたちが「おうちバコ」をつくると森になる!
      *エースホームと「小屋女子計画」のコラボレーション企画です
● 期 間:2016年6月1日(水)~8月31日(水)
● 場 所:北海道と沖縄を除く全国のエースホーム加盟店
● 参加費:無料
● 内 容:エースホームの加盟店が開催するイベント「おうちバコ」づくりに参加すると、できあがった「おうちバコ」1個につき1本の苗木を東日本大震災被災地の岩手県宮古市に、エースホームが植林します。
完成した「おうちバコ」は、お持ち帰りいただけます。
●お申込み:ウェブサイト リンク から
お近くのエースホーム加盟店を見つけて、お電話をいただくか、来場予約フォームに「おうちバコイベントに参加希望」と入力し、お申込みください。

◆自分だけの「おうちバコ」づくりを楽しみながら、環境貢献!
 エースホームは、「ワクワク家づくりブランド」として、「おうちバコ」づくりを通じて「家を建てる」ワクワク感をみんなで共有できる機会を提供します。
 また、木に携わる住宅企業として森林保全活動の拡大を目指し、親子で楽しみながら環境貢献できるイベントを企画しました。
 家づくりを検討されているご家庭のみならず、入居後も環境配慮への気持ちを持ち続けていただきたいと願い、入居者にも声をかけるなど、多くのご家族の参加を期待しています。

◆エースホームは、「ZEHビルダー」の登録事業者です
 ZEHとは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備により大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支が正味でおおむねゼロ以下となる住宅。
経済産業省は、「ZEHビルダー」登録企業が設計・建築するZEH住宅などに補助金を交付する支援事業を行っています。
 エースホームでは、「ZEHビルダー」登録事業者として、2020年までのZEH普及目標(新築するすべての戸建て住宅棟数においてZEHが占める割合)を50%に掲げ、環境に配慮した商品開発を続けています。

*「小屋女子計画」とは リンク
女性ハンドメイド作家のユニット。ハンドメイド・DIY・小屋で住まいと暮らしを楽しくする活動を行う。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事