logo

Cambium NetworksがePMP(TM)2000無線ブロードバンド・プラットフォームと新セクターアンテナを発表

Cambium Networks 2016年06月08日 10時16分
From 共同通信PRワイヤー

Cambium NetworksがePMP(TM)2000無線ブロードバンド・プラットフォームと新セクターアンテナを発表

AsiaNet 64678(0695)

【ローリングメドーズ(米イリノイ州)2016年6月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*次世代のePMPプラットフォームにより、無線インターネット・サービスプロバイダー(WISP)は高度干渉地域で無線ブロードバンドのコネクティビティー(接続性)を提供可能

無線ブロードバンド・ソリューションの世界大手プロバイダーであるCambium Networks(TM)(リンク )は7日、同社のePMP無線ブロードバンド・ポートフォリオを拡大するePMP 2000(リンク )を公開した。ePMP 2000は、広いサービスエリアでの干渉を減らすSmart BeamformingおよびIntelligent Filteringを含むHypure(TM)によって駆動される。ePMP 2000は5ギガヘルツ(GHz)周波数帯で動作し、世界中の無線インターネット・サービスプロバイダーが直面する高度な干渉がある現実世界の環境の中でネットワーク性能を高めるための理想的なソリューションとなる。

Logo - リンク

ePMP 2000の主要機能は以下の通り。
*Hypure技術:Intelligent FilteringとSmart Beamformingにより、高度な干渉がある現実世界の環境の中でのネットワーク性能はこれまで以上に良くなる
*既存のePMP 1000加入者モジュールの再利用:サービスプロバイダーの投資を保護し、ePMP 2000へのアップグレードを容易にするとともに、ネットワーク性能を向上させる
*GPS同期とeFortify(TM)を含むePMP 1000の全ての利点。eFortifyは、外部干渉があるところでシステム処理能力と遅延を最適化することを保証する
*手ごろな価格での優れた信頼性、性能、拡張性

E-vergentのジェネラルマネジャーであるジョー・ファラスキ氏は「直ちに性能が向上したが、とりわけアップリンク接続が顕著だった。変更前は、MCSレベルが2、3、4程度で、大きなオフチャンネル干渉があった。われわれはMCSレベルはすぐに10から15に向上したことを確認した」と語った。

Cambium Networksのエンジニアリング担当シニアディレクター、サキド・アハメド氏は「Cambium Networksは、WISPの顧客の多くが今日、直面している高度干渉、低スペクトルの環境の問題に取り組むことに注力している。ePMP 2000は最も競争力ある価格で最高の性能を提供し、サービス提供を拡大するネットワークオペレーターを支援する」と語った。

新しいePMPセクターアンテナ(リンク )は、ePMP 2000ソリューションの一部であり、ePMP 1000もサポートする。これはコンパクト設計、ePMP 2000と1000を統合した実装、業界をリードする性能を特徴としている。5 GHzスペクトルでネットワークを展開する無線インターネット・サービスプロバイダーは、周波数再利用と広帯域カバレッジを必要とする高密度ネットワークには90度および120度のカバレッジが特に適していることが分かるだろう。

ePMPセクターアンテナの主要機能は以下の通り。

*周波数再利用:ABABチャンネル再利用(4セクターをカバーする2チャンネル)向けに設計されたアンテナは、後ろ向き方向にある広い開口部を含め、業界をリードする35 dBの前後電界比を持っている。
*チャンネル再利用:着実な増幅率によって、オペレーターは帯域内のどこでもチャンネルを選択し、期待するパフォーマンスを実現できる。
*一貫したカバレッジ:アンテナが持つ優れたゼロフィル能力によって、タワーの底部やセクターの端の近くでも、セクター内における広範囲の地理的カバーが可能となる。

ePMP 2000およびePMPセクターアンテナは現在、Cambium Networksの代理店(リンク )を通じて注文できる。Cambium Networksは7日午前10時と午後10時(米国中部夏時間)にシステムのプレゼンテーションとデモ公開を実施する(リンク )。

▽Cambium Networksについて
Cambium Networksは、インターネットに接続されていない人々や地域を接続する無線ブロードバンド・ソリューションで世界をリードするプロバイダーである。Cambium Networksは、信頼性がありスケーラブルかつ安定したな無線ブロードバンド・ポイントツーポイント(PTP)、ポイントツーマルチポイント(PMP)およびWiFiプラットフォームの広範なポートフォリオを通じて、あらゆるサービスプロバイダー、企業・政府・軍機関、石油・ガス・公益事業、インターネット・サービスプロバイダー、公的安全ネットワークが強力かつ容易に持続可能な通信ネットワークを構築することを可能にする。同社は現在、500万余りのアクセスを持ち、150カ国余りに必要とする数千のネットワークにバックホール無線を展開している。Cambium Networksは米シカゴ郊外に本社があり、米国、英国、インドにR&Dセンターを持っており、信頼できる世界の一連の流通業者を通じて販売している。詳しい情報はwww.cambiumnetworks.com 、www.connectingtheunconnected.org を参照。

▽問い合わせ先
Golin for Cambium Networks
Cyrus Hedayati
+1-415-318-4377
chedayati@golin.com

ソース:Cambium Networks

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。