logo

株式会社インテリジェントソフトウェアー、ストロングコード社と業務提携 ~「アプリケーション堅牢化ソリューション」の日本・アジアでの展開を支援 ~

株式会社インテリジェントソフトウェアー 2016年06月07日 09時00分
From DreamNews

株式会社インテリジェントソフトウェアー(本社:東京都中央区、代表取締役 長谷川堯一)は、このたび、リバースエンジアリング防止やアプリケーション堅牢化、改ざん防止などを行うため、ストロングコード社(本社:スイス)と日本・アジアにおける戦略的パートナーとして業務提携いたしました。

このパートナーシップに基づき、アプリケーションの堅牢化ソリューションを「FogosPROストロングプロテクト」として販売いたします。

■ FogosPROストロングプロテクト について

 発売開始予定日 2016年6月17日(iOS対応版)

 対応プラットフォーム
  ・各種プラットフォームを順次サポート予定
   (iOS/Android/Windows/MacOS/Linux/組み込み製品等)

 対応プログラミング言語
  ・C/C++/Objective-C/Objective-C++

 機能概要
  ・アプリケーションの改ざん防止
  ・リバースエンジニアリングの防止
  ・プログラムコードの難読化

株式会社インテリジェントソフトウェアーの代表取締役 長谷川堯一は次のようにコメントしています。

「従来の情報セキュリティ製品は、情報(データー)を守ることが広く行われてきました。一方、近年、実行ファイル(アプリ)を保護する重要性が高まっています。例えば、アプリ内にある各種の知的なアルゴリズムが解析されて漏洩したり、アプリが行っている操作や動作が解析されたり、アプリが改ざんされて動作が変更されサーバーなどに不正にアクセスされるといった、多くの危険が予測されます。そこで、アプリを堅牢化し保護することは、新しい情報セキュリティの一つの分野となると考えました。
情報は暗号化によって保護することができますが、たとえアプリ全体を暗号化したとしても、その実行時にはアプリの内部コードが復号され、容易に解析できる状態になってしまうため、アプリの保護には暗号化とは別の新しい技術が必要です。
弊社はスイスのストロングコード社との業務提携により、この問題を解決することのできる技術を使った製品の実現に成功しました。
本製品は、モバイルアプリケーションに限定することなく、金融・医療・自動車・組み込み機器・エネルギー分野等、様々な産業分野において不可欠な要素となると考えております。」

■ 株式会社インテリジェントソフトウェアーについて

昨今の情報セキュリティ対策の需要の高まりを受け、IT資産管理ソフトの開発元であるシステムインテリジェント社の代表取締役社長である長谷川が、情報セキュリティ専門のソフトウェア会社としてインテリジェントソフトウェアー社を2007年3月に設立しました。IT資産管理ソフトの開発で培った技術を活用し、新たな情報セキュリティ製品としてFogosPROを開発、2007年8月より出荷しています。

====



株式会社インテリジェントソフトウェアー マーケティング部
TEL:03-5645-5600
e-mail:info@intelligent.jp
web: リンク

※ 記載の製品名および社名は各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事