logo

ネクスウェイ、業界最安値水準 販促特化型DM印刷発送サービス A4ハガキ1通55円~、A4圧着ハガキ65円~『ゴーゴーDM』提供開始

ITホールディングスグループ 2016年06月06日 11時21分
From PR TIMES

ITホールディングスグループの株式会社ネクスウェイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中宏昌、以下ネクスウェイ)は、業界最安値水準(2016年6月現在、当社調べ)で販売促進用途におけるダイレクトメール(以下DM)を、宛名印字~印刷~発送まで一括注文できるサービス『ゴーゴーDM』を2016年7月1日より提供開始します。



A4ハガキ1通55円~、A4圧着V折ハガキ1通65円~という価格帯で、サービス提供開始時点での適用範囲は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県(以下、一都三県)宛のDMとなりますが、順次全国へ適用範囲を拡大していく予定です。
本サービスにより、販売促進の費用対効果の最大化を支援します。

■背景
株式会社電通の「2015年 日本の広告費」によると、ウェブマーケティングを中心に展開してきた企業が、DMを積極的に活用するケースが目立っておりDMの効果が再度注目されています。
ネクスウェイでは2009年にリリースしたDM印刷発送サービス「e-オンデマンド便サービス」の提供を通じて、お客様からは「新規の受注が取れた」「休眠顧客と商談の機会が作れた」「顧客とのコミュニケーションの機会が増えた」というお声をいただいています。特にA4ハガキ、A4圧着V折ハガキは、A4チラシと同等の情報量が掲載でき、封書と違い開封の手間がなく、見た目のインパクトがあるため、高い評価をいただいています。しかし、大判A4ハガキのDMは1通あたり100円前後とDMとしては高額で、宛先数を絞って送る必要がありました。
このような状況をふまえ、ネクスウェイでは“DMの費用対効果に革命を”のコンセプトのもと、業界最安値水準、A4ハガキ1通55円~、A4圧着V折ハガキ1通65円~のDM発送サービス『ゴーゴーDM』の提供に至りました。全国の宛先への発送も同時発注が可能なため、一都三県の宛先への発送を含め1通あたりの単価を低コストに抑えることができます。
また、『ゴーゴーDM』の提供と合わせ、新規法人リストや原稿の支援も行うことで、お客様の販売促進の費用対効果の向上に努めます。

■『ゴーゴーDM』のサービス内容と特長
WEBから宛先データと原稿ファイルをアップロードし必要事項を入力するだけで、印刷~発送までワンストップで、DMを最短3営業日後に発送。

オンライン入稿~印刷~発送までワンストップで対応
新規法人リストのご案内も可能(オプションサービス)
発送形態はA4・A4圧着V折の大判ハガキ(今後ラインナップ拡充予定)

『ゴーゴーDM』の詳細はこちら⇒リンク

■利用料金


初期費用、月額基本料金:無料

A4ハガキ・・・1通55円~(継続利用割引適用、一都三県)
A4圧着V折ハガキ・・・1通65円~(継続利用割引適用、一都三県)
※業界最安値水準(2016年6月現在、当社調べ)
※継続利用条件:1ヶ月の発送通数3000通以上が年6回以上
[画像1: リンク ]



■イメージ
大判A4ハガキは、A4チラシと同等の情報量が掲載でき、封書と違い開封の手間がなく、見た目のインパクトがあります。
[画像2: リンク ]



■今後の展開
ネクスウェイはBtoB販促領域において、費用対効果No.1 のDM印刷発送サービス を目指します。


株式会社ネクスウェイについて(リンク
「伝わる」を真っ芯で捉える会社。ネクスウェイの考えるビジネスドメインは様々な手段を通して「伝えること」そのものです。お客様ニーズや目的に合わせて、FAX・メール送信・ダイレクトメール・テレマーケティングなどの手段に加え、スマートフォンアプリやクラウドサービスといった新しい情報提供手段までカバーし、単に「伝える」だけでなく、相手にきちんと「伝わる」、そして相手を「動かす」ところまでを視野に最適解を見つけ出します。

■ITホールディングスグループについて(リンク
ITホールディングスグループは、約2万人、50社超から成るIT企業グループです。グループ各社が様々なエキスパートであり、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共などの多くのクライアントのビジネスとその先にあるお客様の日々を支えています。クライアントの課題を解決するだけでなく、クライアントのさらにその先にあるお客様のニーズを先取りして一歩進んだ提案をしていきます。


■ 『ゴーゴーDM』に関するお問い合わせ先
電話:0120-341-890     e-mail:clp@nexway.co.jp
詳細はこちら:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。