logo

メール無害化など標的型攻撃メール対策に有効な「TERRACE MAIL Security」の取扱いを開始

株式会社アンペール(東京都新宿区)は、迷惑メール遮断、ウイルスメール遮断に加え、メール無害化のための添付ファイル削除、送信元や経路などが不審なメールの警告、誤送信防止、上長承認など、メールセキュリティに必要な機能をオールインワンで提供する新製品TERRACE MAIL Securityの取り扱いを開始します。



近年、増え続ける標的型攻撃によるウイルス感染は、経路の多くがメールからの感染となっており、メールゲートウェイでの入口対策が重要な対策ポイントとなります。

総務省から示されている自治体向けの「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化」報告書では、メールからの感染を防ぐために、メールシステムとの無害化通信が対策として挙げられています。

「TERRACE MAIL Security」は、メールの添付ファイル削除、HTMLメールのテキスト化、本文内のURLリンクの無効化の機能により、メールシステムとの無害化通信(メール無害化)を実現するものです。

さらに、マイナンバーを本文や添付ファイルに含むメール送信保留、および、ユーザーごとに利用有無を設定できる“上長承認機能”と“一時保留機能”は、個人情報等を扱う従業者のメール誤送信による、内部情報の意図しない漏洩を未然に防ぎます。

履歴学習型のフィルタによる標的型攻撃メールの遮断機能(APT専用フィルタ)は、最終転送メールサーバー、送信元メールサーバー、メールクライアント、送信端末、経由した国や地域を、過去の履歴と比較し、差出人のなりすましを警告します。添付されたオフィスファイルのプレビュー機能、拡張子偽装を警告する機能などと共に、より注意して開くべきメールをユーザーに気づかせます。

アンペールは、TERRACE MAIL Securityに始まり、サンドボックス・アプライアンスであるAPT Inspector、LAN上の攻撃パケットをフィルタするPIOLINK TiFRONTなど、シグネチャだけでは検知できない未知のウイルスに対応するセキュリティ製品を総合的に提供してまいります。


【TERRACE MAIL Securityの主な機能】

[画像1: リンク ]



1.高精度の迷惑メール遮断、ウイルスメール遮断を実施
・多段階の迷惑メール・ウイルス専用フィルタによる高精度の迷惑メールフィルタを搭載

2.履歴学習型のフィルタによる標的型攻撃メールの遮断とメール無害化を実現
・受信するメールの送信パターンを分析し、受信者に注意喚起の警告を通知
・添付ファイルの拡張子偽装検査
・添付ファイル削除、HTMLメールのテキスト化、本文内のURLリンクの無効化・元メールと無害化メールの二重配送(無害化メールを指定サーバに転送)

[画像2: リンク ]



3.メール誤送信防止対策として上長承認と送信メール自動暗号化
・送信メール一時保留
・送信メール上長承認
・送信メール自動暗号化(添付ファイルZIP暗号化、メール全体を暗号化またはリンクを送信)
[画像3: リンク ]



4.メール保管機能の強化とオールインワンでの一元的な運用・管理
・送受信メールをリアルタイム保存、インデックスを利用したメールデータの検索、復元機能
・ウィジット形式のダッシュボードで、直感的な操作とわかりやすい統計情報

[画像4: リンク ]



【出荷予定】・2016年6月15日
【製品価格】・本体価格120万円~ (アプライアンス、または、仮想マシンイメージ)
【開発メーカーによる紹介ページ】リンク
【製品購入のお問合せ】株式会社アンペール 情報機器営業部 TEL: 03-5330-6803
リンク Email: it-sales@ampere.co.jp


【ダウ製品からのアップグレードキャンペーン】
既存製品であるTerrace Spam Watcherからのアップグレードキャンペーンを用意しております。
※記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
※掲載文中では、TM、(R)は原則として明記しておりません。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事