logo

スパイスボックス × デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム 共催セミナー/大切なのは、“共感”と“おもてなし”!『ソーシャル時代のブランドコミュニケーション方法論』

日時:6月9日(木)場所:東京都渋谷区 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、2016年6月9日(木)に、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO 矢嶋弘毅)(以下、DAC)との共催で、デジタルマーケティング担当者向けセミナー、「大切なのは、“共感”と“おもてなし”!『ソーシャル時代のブランドコミュニケーション方法論』」を開催いたします。



昨今、多くの企業がソーシャルメディアを通して、自社ブランド(商品・サービス)に関する情報発信を行ったり、生活者とコミュニケーションをとるケースが増えてきました。さらに、FacebookやTwitter、LINE、YouTubeなど複数のソーシャルメディアを組み合わせて活用する企業も多くなっています。そうした中、ソーシャルメディアの活用に成功している企業と戦略を持たずにただ運用しているだけの企業の間では、目標とする成果の達成に大きな差が生まれつつあります。

例えば、見込み客へのブランド認知・好意形成を行いたい場合と、見込み客を顧客に転化させるために「ワン・トゥー・ワン」の対話型コミュニケーションを行いたい場合では、同じソーシャルメディアでもその活用方法は全く異なります。目標とする成果の達成には、ソーシャル上のコンテクストと生活者インサイトを捉えたうえで、目的に合ったコミュニケーション設計を行うことが重要です。

スパイスボックスとDACが共催するこの度のセミナーでは、デジタルマーケティング担当者様が気になるソーシャルメディアの活用方法について、各社の専門分野を生かし、第1部ではスパイスボックスより、「ブランドを高めるコンテンツクリエーションとシェア拡散を生む流通手法」について、第2部では、DACより、「ソーシャルメディア上で生活者一人ひとりの興味関心やライフスタイルに合わせた対話型コミュニケーションが行える『チャットボット』の活用」について、最新事例を交えてご紹介します。

■開催概要

・タイトル
大切なのは、“共感”と“おもてなし”!
『ソーシャル時代のブランドコミュニケーション方法論』

・日時 6月9日(木) 14:00~16:00 (受付開始13:30)

・プログラム
《第1部》 14:05 - 14:50

『コンテンツマーケティング』
~シェア拡散を生むブランドストーリーのつくり方~

[画像1: リンク ]



※ソーシャル時代のブランド認知・好意形成を目的としたコンテンツ 
マーケティングへの取り組み実績から、弊社独自にフレームワーク化
した、「ブランドを高めるコンテンツクリエーションと流通手法」を
事例と合わせてご紹介します。

(講師)株式会社スパイスボックス
コンテンツマーケティング局 局長 物延 秀


《第2部》 15:00 - 15:45

『チャットボットが切り開く
企業と生活者との新しいコミュニケーションのあり方』

[画像2: リンク ]



※新しいコミュニケーションのあり方としてAIを活用した「チャット
ボット」が注目を集めています。Facebook、LINE、WeChatなどの
グローバルプラットフォーマーの最新動向を紐解きながら、チャット
ボットを活用した企業と生活者の新しいコミュニケーションのあるべき
姿を分析し、どのように自社のマーケティング施策に組み入れていくか
方法論をご提示します。

(講師)デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
プロダクト開発本部 シニアマネージャー 砂田 和宏

・会場 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
(東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号 YGPタワー33F)

アクセス:JR山手線/東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅より徒歩8分
・定員 40名様 [事前申し込み制]  ※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
・参加費 無料
・対象 事業主・広告主のマーケティング担当者様

※法人様対象のセミナーのため、個人でのお申し込みはご遠慮ください。
※同一企業様の参加人数は2名様までとさせていただきます。
※主催企業と事業が競合する企業様からのお申し込みは、お断りする場合がございます。

・主催 株式会社スパイスボックス / デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社


【お申し込みはこちら】:リンク


■デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社について
インターネット広告に関するプランニング、コンサルティング、メディアビジネスなどトータルで支援するメディアレップとして設立。アドテクノロジーのリーディングカンパニーとして、様々な企業様・広告媒体社様の課題解決に取り組んでおります。単なる“広告プラン”ד枠”の提供にとどまらず、デジタルマーケティング推進のための戦略立案×システム導入×運用を統合的にサポートしています。

【会社概要】
社名 : デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
設立 : 1996年12月2日
資本金 : 40億3100万円
出資者 : 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、株式会社博報堂 ほか
所在地 : 東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号 YGPタワー33F
代表者 : 矢嶋 弘毅
事業内容 : インターネットメディアレップ事業、アドテクノロジー事業、オペレーション事業等
URL : リンク


■株式会社スパイスボックスについて
デジタル領域のフルサービスを提供するデジタルエージェンシーとして2003年に設立。クライアント企業のマーケティング課題に常にベストなプランニングとエグゼキューションを提供し、顧客創造から顧客価値の最大化までをワンストップで支援します。

【会社概要】
社名 : 株式会社スパイスボックス
設立 : 2003年12月15日
資本金 : 2億7143万円
出資者 : 株式会社博報堂、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 ほか
所在地 : 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル 東館15F
代表者 : 田村 栄治
事業内容 : デジタル領域のマーケティング・広告コミュニケーション事業
URL : リンク


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社スパイスボックス
担当 : 川村 伸之 / 山下 麻由美
TEL : 03-3583-5364
E-Mail : entry@spicebox.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。