logo

三和コムテック、サイバートラストとセキュリティサービス提供に合意

サイバートラスト「SureServer EV」購入者に、クラウド型自動脆弱性診断サービスの簡易版提供

三和コムテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:柿澤 晋一郎)とサイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利)は、この度企業のWebサイトのセキュリティサービスの提供に関する協業について合意。
協業の第一弾として、サイバートラストが提供するEV SSLサーバー証明書「SureServer EV」の購入者に対し、三和コムテックが提供するクラウド型自動脆弱性診断サービスの簡易版を『サイバートラストWebスキャナーLight』として6月1日より希望者には無償で提供を開始します。

今回『サイバートラストWebスキャナーLight』で提供されるサービスは、三和コムテックのクラウド型自動脆弱性診断サービス「SCT SECURE クラウドスキャン」をベースに開発されたクラウドサービスで、ユーザーは新たなハードウェアを導入することやソフトウェアをインストールする必要がなく、常に最新の脆弱性情報に基づいて脆弱性診断を行う完全自動のクラウド型の定期脆弱性診断サービスです。そのため、手軽に開始でき、開始時に一度設定すれば自動でスキャンするので運用も簡単です。
また、より詳細なレポートとデイリースキャンを行う有料サービス『サイバートラストWebスキャナー』もSureServer EVまたは、SureServer利用者向けに販売開始します。販売価格は120,000円(1FQDN/1年間、税別)です。

今回の協業は、フィッシングなどのサイバー脅威の抑止に最も有効なSSLサーバー証明書「SureServer EV」の普及を推進するサイバートラストと、脆弱性スキャンサービスについてすでに数千社の提供実績を持ち、Webサイトの脆弱性対策をさらに広めたいという三和コムテックの考えが「Webサイトの安全利用の促進」という目的に一致したために実現したものです。両社は顧客が提供するWebサイトのセキュリティ向上に貢献することを目指します。また両社は今後も協業を深め、Webサイトのセキュリティ向上に貢献するサービスやソリューションを提供していく予定です。

■「SureServer EV」について
SureServer EV はサイバートラストのEV SSLサーバー証明書ブランドです。EV SSLサーバー証明書は企業の実在性証明で最も認証レベルの高い規格です。サイバートラストは国内EV SSLサーバー証明書市場において純増数2年連続No.1(※)の企業です。
(※国内企業別EV SSLサーバー証明書市場、2015 年4月及び 2016年4月における対前年同月純増数でサイバートラストは2年連続No.1です。 Netcraft社調べ URL: リンク

■『サイバートラストWebスキャナーLight』について
「SCT SECURE クラウドスキャン」をベースに開発されておりWEBサイトにおけるネットワーク、データベース、アプリケーションレベルの検査を定期的にかつ自動的に検査するサービスです。
13,000項目以上の脆弱性と、5000以上の攻撃スクリプトを集積しています。カード業界のセキュリティ基準 PCIDSSで既定される外部脆弱性診断に準じたテスト内容で診断を実施します。月1回簡易レポートが発行されます。
リンク

■三和コムテック株式会社について
設立:1991年
所在地: 〒106-0032東京都港区六本木3-4-3 三和ビル
URL: リンク
グローバルな視点をもち、ユーザーのニーズにあった先端IT技術とソリューションを企業に提供す
ることにより、ビジネスの繁栄に貢献します。

■サイバートラスト株式会社について
サイバートラストは国内で最長の運用実績を持つ認証機関であり、日本初の商用電子認証局として 20 年以上にわたり SSL サーバー証明書をはじめとした電子認証サービスを提供しているセキュリティベンダーです。マルチ OS、マルチフォームファクターに対応した端末電子認証サービス「デバイス ID」は国内導入 No.1 の実績です。今後、利用形態や用途が拡大する IoT デバイスにおいても電子認証サービスを提供することで、利用者が、安心安全にサービスを受けられる社会の実現を目指します。
リンク

関連情報
http://www.sct.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事