logo

ハイデルベルガー・ドルックマシーネン社、PTC ThingWorxテクノロジー導入によりプリンターやシステム向けのスマートサービスを提供

PTCのモノのインターネット(IoT)ソリューションによりサービス関連の問題の70%を遠隔的に解決することで顧客満足度を向上

【2016年5月31日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス(ジム)・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、世界の印刷業界向けに製品を提供する主要企業であるハイデルベルガー・ドルックマシーネン社(以下ハイデルベルガー社)がThingWorx(R)テクノロジーを選定・導入し、25,000台を超える印刷機やソフトウェアモジュールに対し遠隔監視とサービスの提供を実施し、導入効果としてサービス提供と顧客満足度において大幅な向上が実現できたという発表を明らかにしました。



[画像: リンク ]


ハイデルベルガー社は、各顧客向けに、高度に自動化された多目的ハイテクマシンをドイツで製造し、高品質な汎用モデルを中国で製造しています。また、同社は大規模なサービス事業を展開しており、売上の4割がサービス、消耗品、補修部品で占めています。約12,500名の従業員が世界170か国にわたる顧客に対応しています。

ハイデルベルガー社は、小さな部品の不具合やシンプルなソフトウェアエラーであっても、印刷機の停止による新聞、書籍、ポスター、パッケージ等の大量生産の中断に至るまでの恐れがあることを認識しています。顧客の重要な事業への対応とハイデルベルガー社の競争における差別化にとってアップタイム(使用可能時間)の重要性を考慮し、同社は幅広いIoTソリューションを詳細にわたり精査しました。

ハイデルベルガー社は、接続性、セキュリティ、完全性を考慮してThingWorxプラットフォームを選定しました。現在、ThingWorxテクノロジーを基盤とするハイデルベルガー・リモートサービスが50か国で利用されており、毎月3,000件に上るリモートセッションが実施されています。案件全体の70%以上を遠隔的に解決し、コストの低減と顧客満足度の向上を実現しています。

ハイデルベルガー社 システムサービス担当バイスプレジデントでオペレーションを統括するウヴェ・ガルム(Uwe Galm)氏は「今回の新たなソリューションの導入により、10,000台の機器と15,000のシステムを超える規模の接続に成功し、市場におけるグローバルリーダーとして、顧客に優れたサポート提供しています。ThingWorxプラットフォームに加え、当社のニーズに応える継続的なコンサルティングサービス、PTCクラウドサービス(*)によるレギュラー機能・セキュリティアップデートがあり、将来的においても安心です」と述べています。
* 現在日本では未提供です。

PTCテクノロジープラットフォームグループ プレジデントのロブ・グレムリー(Rob Gremley)は「ThingWorxテクノロジーはハイデルベルガー社のような未来志向の企業による業務プロセスの継続的なイノベーションを従来の方法やツールより遥かに短期間に実現し、価値を生み出すまでの期間を短縮することに貢献します。ハイデルベルガー社の遠隔サービス事業とプロセスを変革するという先進的な戦略とビジョンは将来の発展につながるものです。拡大しつつあるIoT市場においてハイデルベルガー社の事業価値の拡大に向けた協力ができることを楽しみにしています」と述べています。

PTCは、Experton Group が発行したレポート「Industry 4.0/Internet of Things Vendor Benchmark 2016」とIoT Analyticsが発行した「IoT Platforms Market Report 2015-2021」の中で、「IoTプラットフォームマーケットリーダー」として命名されました。


<関連情報>
- ハイデルベルガー社 リモートサービス映像
リンク

- PTC Internet of Things
リンク

- ThingWorxデベロッパー ゾーン
リンク

-「LiveWorx(R) 2016」は6月6日~9日にボストンで開催されます。製品デザイン、製造、サービスに関わる方々や、製品(モノ)の可能性を解き放つアプリケーションやエクスペリエンスを開発する方々向けのイベントです
リンク


【ハイデルベルガー・ドルックマシーネン社について】
ハイデルベルガー・ドルックマシーネン社(Heidelberger Druckmaschinen AG)は長年にわたり世界の印刷業界の信頼されるパートナーとして製品を提供してきました。同社は顧客の要件に合わせたカスタムコンポーネントを提供しており、特に効率的かつ信頼性の高い生産プロセス、経済的に最適な投資、必要な資料への円滑なアクセスに注力しています。ハイデルベルガー社のビジネスモデルは機器、サービス、消耗品の3本柱で構成されており、それが技術中心から市場や顧客を中心とした事業に変革する同社の成長の基盤となっています。同社は世界の様々な顧客に製品、サービス、消耗品を提供しており、2014/2015年度の連結売上高は約23億ユーロとなっています。


【PTCについて】
PTC(NASDAQ: PTC)は企業がモノのインターネット(IoT)の「モノ」の開発、運用、サービスを変革するテクノロジー プラットフォームやソリューションをグローバルに提供する企業です。PTCの次世代ThingWorx(R)テクノロジー プラットフォームは、スマート コネクティッド プロダクツやシステムが生み出す膨大な量のデータを記録、分析、活用するためのツールを開発者に提供します。PTCの実証済みソリューションは製品またはサービスの優位性を生み出すべく世界28,000社以上で導入されています。業界のソートリーダーとして認知され、さまざまな受賞歴を有するPTCのCEOはIoTがビジネスにもたらす影響に関する明確な指針をHarvard Business Review誌に共著しています。Harvard Business Review誌の記事:リンク

【PTCジャパンについて】
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン管理 (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) 、モノのインターネット (IoT) の各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の PTC Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のPTC Windchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のPTC Integrity、技術情報の作成・管理・提供を合理化するダイナミック パブリッシング システムの PTC Arbortext、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールド サービス管理/サービス物流管理のPTC Servigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える PTC Mathcad、IoTアプリケーション プラットフォームのThingWorx、拡張現実(AR)プラットフォームのVuforiaといった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。
1992年3月設立。国内4事業拠点。Webサイト:リンク

* 顧客によるPTC製品の選定、導入の発表は、必ずしも関連売上の時期、金額や売上高、または特定時期における売上高を示唆するものではありません。

PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。
PTCソーシャルメディア: リンク
Twitter: リンクリンク
YouTube: リンク
LinkedIn: リンク
Facebook: リンクリンク

※PTCの社名、ロゴマーク、ThingWorxおよびすべてのPTC製品の名称は、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事