logo

ジンコソーラーがテュフラインランドから中国初のQ+認証を受領

ジンコソーラー 2016年05月30日 15時52分
From 共同通信PRワイヤー

ジンコソーラーがテュフラインランドから中国初のQ+認証を受領

AsiaNet 64566 (0649)

【上海2016年5月30日PR Newswire=共同通信JBN】太陽光発電(PV)産業の世界大手ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.、NYSE: JKS)は26日、同社製品PVモジュールが認証機関テュフラインランドからQualification Plus (Q+)認証を受領した中国初のPVメーカーになったと発表した。

Q+認証はテュフラインランドが発行した最新の改良テストによる認証であり、米カリフォルニア州エネルギー委員会の推薦対象となったことを意味し、将来同州の再生エネルギー市場への参入の必要条件の1つになり得る。

Q+認証は、現在業界基準として利用されているIEC 61215と比べて最も厳格な基準を設けており、極めて厳しい気象条件の下でPVモジュールの運転上の信頼性を反映している。Q+認証は、気温が砂漠のように大きく上下する地域で行う実地の性能試験が含まれている。IEC 61215基準には含まれていない動的負荷試験は、戸外の風圧による振動環境の下で、PVモジュールが破砕に耐性を持ち続けることを保証するものであり、実際の条件でモジュールの機械的強度、結露凍結循環試験、断熱試験、ホットスポット試験などでの好結果を反映する。

ジンコソーラーのカンピン・チェン最高経営責任者(CEO)は「Q+認証の最も厳しい試験基準は、業界の最新の基準を代表している。私はジンコソーラーがこの認定書を受領した中国初のメーカーであることを喜んでいる。われわれは常に、投資の見返りを保証できる最高品質の信頼できる製品を顧客に提供することに注力している」と語った。

ソース:JinkoSolar Holding Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事