logo

UC-win/RoadドライブシミュレータがZMP社の実験走行サービス「RoboTest(R) VR+」に適用開始

株式会社フォーラムエイト 2016年05月25日 18時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016/05/25

株式会社フォーラムエイト

フォーラムエイト、UC-win/RoadドライブシミュレータがZMP社の実験走行サービス「RoboTest(R) VR+」に適用開始 ~「人とくるまのテクノロジー展 横浜」にて3DVRを活用した高度研究用DSを展示~

 株式会社フォーラムエイト(本社:東京都港区港南2-15-1、社長:伊藤裕二、URL:リンク)開発のUC-win/Roadドライブシミュレータは、2016年5月23日より提供が開始された株式会社ZMPによる実験走行サービス「RoboTest(R) VR+」で活用されています。

 株式会社ZMPでは、従来より公道やテストコースでの実車実験走行を行う「RoboTest(R)」を提供しており、今回、フォーラムエイトのドライブシミュレータ技術を利用することで、ドライバー飲酒時の運転や、居眠り、身体疲労時、長時間走行など、公道では実施困難な走行テストを可能とする「RoboTest(R) VR+」の実現につながりました。実際の公道コースをシュミレータで再現し、例えば実車による昼間走行とシュミレータによる夜間ドライバー飲酒時の走行比較実験も可能となっています。また、特殊環境のコースを再現し、視認性が悪い環境などを作り出してテストが行えます。天候や道路事情に左右されず走行テストをスケジュール通りに実施できるメリットもあります。

 2000年に初版をリリースしたUC-win/Roadは、大規模な3次元空間を容易に構築することができ、日照・天候・交通流・運転など多様なシミュレーションに対応した、高度な3次元リアルタイムシミュレーションソフトウェアです。VR空間内で走行環境を自由に作り出すことができるため、RoboTest(R) VR+をはじめとして、自動車・モビリティ・ITS・ADAS等の技術開発や各種訓練・研究・実験用システム構築などに多数適用されています。

 なお、フォーラムエイトは、2016年5月25日からパシフィコ横浜にて開催される「人とくるまのテクノロジー展 横浜」に、「UC-win/Road Ver.11によるITS、ADAS、自動運転研究用VRシステム構築を支援」をテーマとした出展を行い、最新バージョンのUC-win/Road Ver.11や、ドライブシミュレータ、ヘッドマウントディスプレイOculusRiftと連携した運転シミュレーションなどの各種VRシステムを紹介します。

【展示会出展情報】
人とくるまのテクノロジー展 横浜(リンク
会期:2016年5月25日(水)~27日(金) 10:00~18:00(最終日は17:00終了)
会場:パシフィコ横浜・展示ホール
フォーラムエイト出展ブース:No.103

【関連情報】
▼株式会社ZMP社プレスリリース
リンク

▼実車実験走行サービス「RoboTest(R)」
リンク

▼3次元リアルタイムVRソフトウェア UC-win/Road
リンク

▼UC-win/Roadドライブシミュレータ
リンク

▼製品資料請求フォーム
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。