logo

~衣替えシーズン到来 4割の人は「ほつれ・傷み」がないと捨てられないという結果に~ 洋服を捨てるタイミングは?

株式会社リクルート住まいカンパニー 2016年05月25日 18時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:野口孝広)が運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』は、住まいや暮らしに関する様々なアンケート結果を「SUUMOなんでもランキング」としてご紹介しています。今回は「あなたが自分の洋服を捨てるタイミング(きっかけ)は?」というテーマのアンケート結果をまとめました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1位は洋服のほつれが気になったとき。捨てられない人が約4割も
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

5月も後半。暑い日も増え、そろそろ夏服に衣替えをしようという人も多いのではないでしょうか。今回は衣替えをする時期に合わせ、自分の洋服を捨てるタイミングを聞いてみました。

第1位は「ほつれ等傷みが気になってきたとき」。「着られる限り徹底して着るタイプ」「気に入った服は傷むまで着たい」といったフリーコメントがあらわすように、約4割の人が「傷み」がないと捨てられないようです。ただ、そんなにすぐほつれてくるものばかりではないでしょうから、結局は捨てるタイミングがなくて洋服が増えていく……という人が多いのかも。

2位以降はそんな「捨てられない」人に教えたい断捨離のコツが並びます。まずは「衣替えのとき」。「全部のラインナップを見るいい機会」「シーズン中に着なかったものはもう着ないと思い捨てる」という人のコメントは潔くて、ぜひ見習いたいものです。3位は「大掃除のとき」。1年に何度も大掃除の機会があるわけではないので、それを機に洋服を捨てるのは、すっきり暮らすコツなのかもしれません。6位の「新しい洋服を買ったとき」も断捨離にはいいタイミングですね。

切実なのは8位の「太ったり痩せたりしてサイズが合わなくなったとき」。これには「サイズは急には変わらないから」など、ちょっと切なくなるコメントがありました。
また、処分する洋服の行き先として、「リサイクルショップに持っていく」という他に「フリマサイトに出す」というコメントも。これなら店舗に持ち込む手間もなく、携帯一つあれば簡単にできるので、真似したいテクです。

夏前にクローゼットをすっきりすれば、新しいシーズンの洋服を買うときにためらわなくてすむかもしれません。って、また洋服が増えちゃいますね!



<調査概要>
【調査実施時期】2016年4月6日~2016年4月7日
【調査対象者】全国の20~59歳までの男性208名・女性208名
【調査方法】インターネット調査
【有効回答数】416




▼(最新)あなたが自分の洋服を捨てるタイミングは?
リンク
▼(前号)家のベランダで育ててみたい野菜は?
リンク
▼不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』はこちら
リンク
▼リクルート住まいカンパニーについて
リンク



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【フリーコメント抜粋】
「汚いものは着ない」「収納スペースを確保したい」「荷物を減らしたい」など
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●ほつれ等傷みが気になってきたとき:だれかに譲ることもできないので、あきらめがつく。(55歳女性)
●ほつれ等傷みが気になってきたとき:服は人柄や普段の生活を表すと思うから、汚いものは着ないようにしている。(23歳・女性)
●衣替えのとき:1年着ていなかったら今年も着ないという持論があるので、入れ替えるようにしている。(31歳・女性)
●大掃除のとき:新しく買う服の収納スペースを確保したいから。(34歳・男性)
●デザイン・型が古くなったとき:柄物は捨てる。(39歳・女性)
●季節問わず気が向いたとき:思い立ったときに、フリマアプリで出品したり、人にあげたりしている。(30歳・女性)
●新しい服を買ったとき:同じ様なタイプの物を捨てる。(59歳・女性)
●引越しのとき:荷物を減らしたいから。(22歳・女性)
●太ったり痩せたりしてサイズが合わなくなったとき:太って入らない状態が5年つづいてあきらめた。(47歳・女性)
●手持ちの服に飽きたとき:フリマアプリに出品する。(23歳・女性)
●失恋など大きな心境の変化があったとき:辛いことを思い出すのですっぱり切り捨てる。(59歳・女性)



「SUUMOなんでもランキング」コーナーでは、住まいに関する様々なテーマについ
てアンケートを実施し、結果をまとめた記事を隔週で発表してまいります。


――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事