logo

【箱根小涌園ユネッサン】小田原特産物「梅」を使用!「曽我の梅湯」 登場

藤田観光株式会社 2016年05月24日 14時48分
From Digital PR Platform


『箱根小涌園ユネッサン』(所在地: 神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1297、支配人:阪本清嗣)では、箱根の外輪山を望みながらお風呂が楽しめる裸入浴エリア「森の湯」の一部浴槽にて、毎月趣向を凝らした「変わり湯」を開催しております。
 6月の変わり湯は「曽我の梅湯」。今回、お風呂に使用するのは小田原市の曽我地域で栽培された梅です。小田原の梅は歴史が古く、戦国時代の武将、北条氏が統治していた以前から梅の栽培が行われ、江戸時代には東海道中膝栗毛などに梅漬が小田原の名産品として登場していたと言われております。
現在では「かながわブランド農産物」に指定された特産物となっており、関東3大梅林にも数えられる「曽我梅林」を中心に栽培され、神奈川県下で最も多い生産量を誇っています。
地元特産の生梅を、入浴剤を使用することなく布袋に入れ浴槽へ浮かべる天然志向のお風呂は、梅のエキスにより保湿・保温効果が期待できます。初夏の爽やかな風と梅の香りに包まれながら、この機会に、「曽我の梅湯」をご堪能されてはいかがでしょうか。


【お風呂の概要】
期間:2016年6月1日(水)から2016年6月30日(木)まで
所在:森の湯 男湯・女湯の一部浴槽にて(裸入浴エリア)
内容:地元名産の「曽我の梅」を布袋に入れ浴槽へ浮かべます。(品種は問わない)
※お肌に刺激を感じた際はご入浴を中止いただきますようお願いいたします。
※敏感肌のお客様はご入浴時ご注意ください。

~期間限定で「曽我の梅のピッツア」を販売!~
ユネッサン3階イタリアンレストラン「アンティパスタ」では、曽我の梅湯開催に伴い、曽我の梅を用いた「曽我の梅のピッツア」を販売いたします。詳しくはホームページにてご紹介予定です。
<URL>リンク

<御紙面に記す際のお問合せ先>
藤田観光株式会社 箱根小涌園ユネッサン
〒250-0407 神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1297  TEL:0460-82-4126

<リリースに関する報道関係者からのお問合せ>
藤田観光株式会社 箱根小涌園営業企画課
箱根小涌園ユネッサン担当:矢地・長嶋  TEL:0460-82-4118 / FAX:0460-82-4135

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事